Oh! Calcuttaで美味しいベンガル地方の料理を堪能

先月の話になりますが、アメリカより高校時代からの友人がデリーに遊びに来ました。

彼女はベンガル系アメリカ人で父親はノイダとシリコンバレーに拠点を置くIT会社経営者でインド在住。友人に会うのは3年ぶり。いつも彼女のご両親に昔からお世話になっていて今回はデリーのネーループレースにあるベンガル料理のレストラン、Oh! Calcutta(オー・カルカッタ)でご馳走になってしまいました。

前回、クライアントのランチビュッフェをここで食べた事がありましたが、ディナーは初めて。ランチの時はそこまで感動が無かったですが、今回3年ぶりに訪問して、料理の質がかなりアップしていた事に気づきました。まぁ、今回は安価のビュッフェでは無くてアラカルトというのも理由かもしれませんが。

ベンガル料理とは

ベンガルは亜熱帯地域で、魚が良く食べられています。肉食系が多く、僕も以前カルカッタ(コルカタ)を訪問した時はケバブや肉料理がとても美味しい事に感動したことがあります。料理は一般的な北インド料理、もしくは南インド料理とは結構異なります。

ディナーはシェフのライブカウンターがあって、そこで好きな魚や肉を選んで蒸してくれたり調理してくれたりします。

まずは、前菜にミンチ肉をナーンの様な薄い生地のパンに載っているもの。白いのはヨーグルトソースだっと思う。ちょっとハンバーグみたいな味。

ミンチ肉の前菜
ミンチ肉の前菜

次は大きな海老を焼いたもの。シンプルで食べ応えがあり、美味しかった。

海老
海老

そしてベンガル料理と言えば、バナナの葉に包んだものを蒸したものが有名らしい。このスタイルは更に東のマニプールとか北東インドでもありますね。

バナナの葉
バナナの葉

中には、ココナッツと魚のすり身を混ぜたもの。ベンガル風チマキともいうべきか。バナナの葉の香りが残って凄く美味しかったです。

ベンガル風チマキ
ベンガル風チマキ
レストラン内部
レストラン内部

前菜はまだまだ続く。同じバナナの葉に蒸した鶏肉。これは日本のつくねそっくりでした。緑豆が入っていて、スパイスはあまり効いていなく、これもバナナの葉の香ばしさがあった。

バナナの葉に蒸した鶏肉
バナナの葉に蒸した鶏肉
ベンガル風つくね
ベンガル風つくね

前菜で食べすぎてしまい、メインコースはシンプルにダールとジャガイモとマスタードの種を焼いたもの。前菜では肉や魚が多かったので、ここではベジに。どれもそんなに辛く無く食べやすい。

メインコース
メインコース

デザートは、ベンガルでは黒砂糖を使用したものが有名です。黒砂糖のアイスと、黒砂糖のヨーグルト、ミシュティ・ドイ。ヨーグルトの方は自家製で病みつきになる味です。

黒砂糖アイス
黒砂糖アイス
ミシュティ・ドイ
ミシュティ・ドイ

インドは様々な気候があって広い国土があるので、一概に「インド料理」と言えないです。それぞれの地域に特徴があって、このベンガル料理も例外ではありません。通算して17年以上インドに住んでいても、今回は新たな発見が結構ありました。ちょっと変わったインド料理として、このOh! Calcuttaはかなりおススメします。

おまけ
おまけ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top