アーメダバードの印象

先日出張で訪れたグジャラート州のアーメダバード。

初めて訪れましたが、実にインフラの整備された感じや人々の様子に圧倒されました。道路はスムーズで幅もありながらも、車は多すぎず、走りやすい。そして、街路樹も多く、緑豊かです。ほど良い感じの都会で、スラムらしいものをほとんど見かけませんでした。街も他のインドの都市と比べると清潔です。

街中にはビジネスマンも多く、仕事の効率がとても良い感じがします。人も少しおっとりした印象で、きつさを感じさせません。

アーメダバード どんな場所
ラディソンホテルから眺めるアーメダバード市内

まぁ、1泊してしかいないので、実際住んでみるとどうなのか分かりませんが、かなり好印象な街です。3年前、ヒンドゥスタンタイムスが実施したアンケート調査でインドで一番暮らしやすい街ナンバー1に選ばれました。電気や水道の問題もほとんどないという事が大きな要素らしく、やはりインフラはしっかりしているのですね。モディさんが長い間州知事を務めていた州でもあり、整備はしっかりされた様です。

ただし、グジャラート州は禁酒なので、基本的に飲酒はホテルも含めてできません。ただし、例外があるらしく、一応政府に認められた酒屋があり、外国人は購入ができるそうですが種類は少ないそうです。酒好きでグジャラートに住むとなったら、厳しそうですね。

酒の件さえなければ、とても住みやすいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top