酷暑期のお勧めインド国内旅行先:カシミール編

もうデリーは日中40℃近くなり、いっきに夏が到来しています。デリーだけではなく、インドの平野はどこも暑くなってきました。

酷暑期の4月、5月と6月、お勧めと言えばヒマラヤ山脈の方面です。例えば平地が日中45℃でも、カシミールのスリナガルは25℃ぐらい、ラダックのレーだと20℃ぐらいで涼しく、逆に朝晩はセーターが必要になる程。ラダックは次の記事に記載する事とします。

カシミールは特に緑と氷河のコントラストが美しく、5月下旬~7月上旬であればそれほど標高の高くない場所でも氷河の上を歩く事ができます。スリナガル郊外にあるタジワス氷河はデリーから飛行機で1時間飛んだあと、車で気持ちの良いハイウェイを2時間半程走ればもうそこは森林と雪が待っています:真夏もです。

以下の写真は6月中旬に撮影したもの。デリーが日中45℃前後だった時、氷の上を歩く事ができました(笑)。

快適なハイウェイ
快適なハイウェイ
ソナマルグ
ソナマルグ
カシミール 氷河 観光:タジワス氷河
タジワス氷河
ハイウェイから眺める景色
ハイウェイから眺める景色
ハイウェイから眺める景色
ハイウェイから眺める景色

タジワス氷河は標高約3,000メートル地点です。

ここのベースとなるスリナガルも湖が美しく、渡り鳥も観察できます。ハウスボートがあり、杉の木でできたハウスボートでの宿泊は風情があります。

ハウスボートから眺める景色
ハウスボートから眺める景色
渡り鳥
渡り鳥
ハウスボートの内装
ハウスボートの内装
ハウスボートから眺める早朝の景色
ハウスボートから眺める早朝の景色

H2トラベルズでは、カシミールは専門地域として手配をさせて頂いております。

ちなみにタジワス氷河は5月中旬ごろまで積雪のため、訪問ができないので行くなら5月下旬頃からがお勧めです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top