オーストリア航空A319ビジネスクラス搭乗記:ウィーン→カイロ

航空会社:オーストリア航空
便名:OS 863
フライト区間:ウィーン→カイロ
フライト利用日:2016年5月27日(金)
予定出発時刻:10:20発
予定到着時刻:13:50着
フライト時間:3時間30分
機種:エアバスA319-100
座席番号:2F
機材番号:OE-LDF
機材導入日:2005年8月26日

ウィーン国際空港に列車で到着し、出国してまずはラウンジへ直行します。途中、空港内のスーパーSparが到着ロビーにあり、このスーパーの品揃えは素晴らしいです。各種ハムやソーセージ、チーズ、お菓子等、お土産になるものが沢山あります。ただし、日本へ持ち込む際には申告対象となり、肉類は持ち込みが禁止になりますのでお気を付けください。

エスカレーターで上がり、出発エリアへ。セキュリティーを通り、出国します。

スーパーのSpar
スーパーのSpar
ウィーン国際空港到着ロビー
ウィーン国際空港到着ロビー
出発ロビー
出発ロビー
まずはフライト情報を確認
まずはフライト情報を確認
出国が過ぎたところ
出国が過ぎたところ

シェンゲン外の国々へはGゲートから出発します。

ラウンジ入口
ラウンジ入口

入ると受付があり、セネターラウンジ(スタアラゴールド会員用)が右、ビジネスクラスラウンジが左です。ビジネスクラスラウンジへ向かいます。入ると、すぐ左手にアルプスのパノラマが眺められます(笑)。

ビジネスクラスラウンジ入口
ビジネスクラスラウンジ入口
アルプスの巨大な写真
アルプスの巨大な写真

オーストリア航空は就航先もそれほど多くないせいか、ラウンジは結構こじんまりしています。一応朝のピーク時ではありますが、座る席は沢山ありました。窓から飛行機が見渡せ、ラウンジの雰囲気は良いです。

ラウンジの様子
ラウンジの様子

ただ、残念なのは食事がかなり質素!朝食の時間帯でしたが、食べ物はシリアル、プレッツェルとパンしかありませんでした。飲み物は比較的充実していた印象です。

シリアル
シリアル
ビュッフェ(パンオンリー)
ビュッフェ(パンオンリー)
3種類のパン
3種類のパン
バター、ジャムやナテラ
バター、ジャムやナテラ
ジュースとプレッツェル
ジュースとプレッツェル
ソフトドリンク
ソフトドリンク
ドリンク類
ドリンク類
ワイン各種
ワイン各種
朝食です。
朝食です。

このラウンジは見晴らしが良いのがプラスです。

オーストリア航空A319機
オーストリア航空A319機
オーストリア航空B777-200機
オーストリア航空B777-200機

他に、ラウンジ内にはシャワーブースもありました。これから、ゲートへ向かいます。

さて、ウィーンと言えばザッハートルテ。ホテル・ザッハーのこの濃厚チョコレートケーキ、空港の免税店でも販売しています。とても興味があったのですが、ホール丸ごとでしか販売していないのと、金額がホールで40ユーロ以上(約5,000円)と結構なお値段だったので、パスしました。本当は一切れだけ買いたかった。。。

本場のザッハートルテ
本場のザッハートルテ

ゲートへ向かいます。今回出発するG37は一番奥のゲートでした。

ゲート
ゲート
出発ゲート
出発ゲート

このゲートは飛行機まではバスの移動になります。

エスカレーターおります
エスカレーターおります
オーストリア航空B777-200ER機
オーストリア航空B777-200ER機

そして、カイロ行きの飛行機。小柄なA319-100機です。機材名は「Sarajevo」。オーストリアにとって、サラエボは第一次世界大戦勃発のきっかけであり、オーストリア=ハンガリー帝国が崩れ始めた原因の都市でもあるのに。

カイロ行きA319機
カイロ行きA319機
いよいよ機内へ!
いよいよ機内へ!
まずロゴが
まずロゴが

そして、シートに着席。短距離路線用なので、ビジネスクラスと言えども座席はエコノミーと一緒です。若干、前方シートとのシートピッチが広くなるのと、真ん中の座席が使用されません。

座席2F
座席2F
座席2F
座席2F
座席から眺める景色
座席から眺める景色

この時はちょうど伊勢志摩サミットが開幕された時でした。

サミットがトップニュース
サミットがトップニュース

そして、離陸へ向けます。

ウィーン国際空港ターミナル
ウィーン国際空港ターミナル

離陸。

空港近辺は麦畑
空港近辺は麦畑
街が現れました
街が現れました

離陸後、メニューが配られました。

メニュー表
メニュー表
ランチメニュー
ランチメニュー
コーヒーメニュー
コーヒーメニュー

小さな機材ですが、ちゃんとコーヒーメニューがありました!成田→ウィーンであった10種類ではありませんが、3種類から選べました。

続いて、アメニティーキットが配られました。成田便で提供されたものよりシンプルですが、結構可愛いポーチです。

アメニティーキット
アメニティーキット
アメニティーキット裏
アメニティーキット裏
アメニティーキット中身
アメニティーキット中身

眼下はドナウ川が。セルビア辺りだと思います。

ドナウ川
ドナウ川

そして機内食サービスが始まりました。

まずは飲み物から。シャンパンをお願いしたところ、オーストリアのスパークリングワインがありますと伺い、それをOKしました。結構うまいです!銘柄はSchlumberger Brut, 2012。成田便には本物のシャンパンと、イタリアのスパークリングワインであるプロセッコが選べましたが、ただ単にフランスのシャンパーニュ地方で造られたから価値が上がる、と言うのもどうかと正直思います。個人的には成田便で頂いたプロセッコは癖が無くて苦味が無く、とても美味しかったですしこのオーストリア産のスパークリングワインも美味しく頂きました。

オーストリア産スパーリングワインとナッツ
オーストリア産スパーリングワインとナッツ

そして、機内食がやって参りました。

毎度おなじみのパン
毎度おなじみのパン

メインは、牛肉のフィレステーキを。

オーストリア航空 A319 ビジネスクラス:ランチ
ランチ
新鮮なニソワーズ・サラダ
新鮮なニソワーズ・サラダ

こちらが写真をパチパチ撮っていたら、お隣のエジプト人乗客が「俺のも撮るか?」と気を利かしてくれ、是非お言葉に甘えました。こちらは、パスタのカレーマスタードソース掛けです。

パスタのカレーマスタードソース掛け
パスタのカレーマスタードソース掛け

さて、牛肉のフィレステーキ、見た目がめちゃ美味しそうです。気になるお味は。。。

フィレステーキのアップ
フィレステーキのアップ

見事なミディアム。今まで機内で食べたビーフステーキで一番美味しかったです。さすが、Do&Coのケータリング。さすがオーストリア航空。これを期待して、わざわざオーストリア航空を選んだ訳ですから(ここで普通にレストラン言って食べればよいじゃん、と思う読者の方、それは飛行機マニアには言ってはいけないNGワードです)。

チーズ各種とオリーブ
チーズ各種とオリーブ

オーストリア航空はなんと食器と一緒に洗濯バサミの様なナプキンクリップも付いています。ナプキンを首から下げるときに止めるクリップ。ちょっとした気配りです。

ナプキンクリップ
ナプキンクリップ

次はデザートとコーヒー。デザートはイチゴのムース、そしてコーヒーはウィンナー・メランジェを。両方とも美味しく頂きました。

デザートとコーヒー
デザートとコーヒー

眼下はトルコ沿岸の島々を横切りました。地中海は青々として素敵です。

トルコの島
トルコの島
トルコの島
トルコの島
地中海の島
地中海の島

そして、しばらくしてアフリカ大陸が。アレクサンドリア近辺です。ここまで来ると、飛行機も着陸態勢に入ります。

アフリカ大陸
アフリカ大陸
ナイル川
ナイル川

そしてカイロ上空。エジプトの地形って面白いです。この辺は世界で最も降水量が少なく、全域が砂漠なのですが、ナイル川の周辺だけ水の恵みによって農業が盛んで、緑が多いです。ナイル川から離れると草一本も生えない砂の地帯。コントラストが上空から良く確認できます。

カイロ上空
カイロ上空
砂漠地帯
砂漠地帯
カイロ国際空港付近
カイロ国際空港付近
砂漠
砂漠

無事着陸しました。

エジプト航空を含むスターアライアンス系航空会社はすべて比較的新しい第3ターミナルの発着です。エジプトに入国し、3時間後のフライトで今度はシナイ半島南部のリゾート地、シャルム・エル・シェイクへ移動です。

乗ってきたオーストリア航空機
乗ってきたオーストリア航空機

<オーストリア航空の印象>

遠回りした甲斐があり、成田→ウィーンのフライトと共に、非常に満足行く航空会社でした。今まで乗った航空会社の中でもトップクラスです。不満点はほとんどありません。注目すべきポイントは:

①クルーのサービスの暖かさ

ビジネスクラスを担当していたクルーは皆とても親切で人あたりが良く、アットホームな気分でした。オーストリア人、日本人クルー共に最高!

②機内食の美味しさ

成田→ウィーンの機内食のメインが若干塩分が強かったものの、その他は機内食としては非常に美味でした。コースメニューは正に空飛ぶ高級レストランの雰囲気。ビジネスクラスでは、通常スープか前菜を選ばなければいけませんがオーストリア航空は両方提供され、デザートも他社ですとチーズ、フルーツか、甘いケーキの中から一つ選ぶ感じですが、すべて好きなだけ食べれるワゴンサービス。カイロ便は距離が短い路線なので全部は出ませんが、それでも非常にクオリティーが高く、ビーフステーキは今まで機内で食べた中で一番美味しかったです。

食事だけでは無く、搭載されているワインやアルコール類の飲み物のとても美味。特に成田→ウィーンで頂いたデザートワインは香りがあり、とても美味しかったです。

③シート

カイロ線はエコノミー座席ではありましたが、成田→ウィーンの1人掛けシートは最高です!両サイドに広く使えるテーブルスペースがあり、正に「王座」でした。フラット状態も快適。

ヨーロッパ系航空会社のビジネスクラスを利用するなら、オーストリア航空はかなりお勧めです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top