メガラヤ訪問記~凄すぎる生きた木の橋編

メガラヤの一番の目玉といえばここ。

何十年もかけて、木の幹を吊り橋になる様に人間の手で作りあげる「生きた木の橋」です。名の通り、木は伸び続けています。古いので、150年前のもの。

チェラプンジ 生きた橋:生きた木の橋!
生きた木の橋!

この様な生きた木の橋はこの辺りにたくさんあります。一番有名なのは上記の様なダブルデッカーと呼ばれる二重橋。一本の木ですが、幹を二通り高さを調整して作られます。対岸へ伸びるまで30年は掛かるそうです。気の遠くなる話ですね。。。

違う生きた木の橋
違う生きた木の橋

ここ、簡単には行けません。車で降りて、一番の見どころであるダブルデッカーまで3,400段の階段を上り下りしなければならず、結構階段も急!神社の階段できついのがありますが、これと比べると天国です。

お陰で、普段ジムで走っていても、階段の上り下りは太ももとふくらはぎにこたえました。筋肉痛は3日間ぐらい続いて大変でした(笑)。ここは無理せずゆっくりと歩きましょう!

途中、階段や歩道は綺麗に整備され、観光客用に露店も並びお茶や飲み物、スナックを召し上がる事ができます。ごみのポイ捨ては罰金で、至る所で石でできたごみ箱が設置。この清潔好きな文化、是非他のインドでも見習って!!

橋も良いですが、一番感動したのは川の色。透明で、エメラルドグリーンに輝いています。ここが丹沢だと言っても全く違和感ありません。

川の水
川の水
綺麗な川
綺麗な川
ダブルデッカーの生きた木の橋
ダブルデッカーの生きた木の橋

この生きた木の橋、木の幹だけあってすごく頑丈です。上を歩いても揺れないし、全く怖くありません。

このダブルデッカーの先には天然のプールがあります。ちょうど高い湿度で汗がすごかったので、ここの水浴びはすごく気持ち良かった。

天然プール ※真ん中の小さなのが筆者
天然プール※真ん中の小さなのが筆者
蝶々
蝶々
道中のスナックバー
道中のスナックバー

ここの自然のレモンジュースがおいしいです。

ごみ箱
ごみ箱
階段
階段
これは結構険しい
これは結構険しい

この橋があるのはチェラプンジというところ。世界で最も雨量の多い場所で、例えば一番降水量の多い7月と東京23区内の梅雨時である6月の平均降水量を比べると、なんと東京の25倍の雨の量!一度6月末に訪問した事がありますが、一日中すさまじい雨がノンストップで降り、傘は役に立たず、たたきつけるような雨が降りました。なので、ここを訪れるなら時期をちゃんと気を付けなければなりません!

チェラプンジの事は次の記事に触れます。橋以外にも、見どころはあります。

「メガラヤ訪問記~凄すぎる生きた木の橋編」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top