ゴミの分別が徹底されているシッキム

やはりインドは広い。

一言ではインドは語れないし、各州によって全然政策が異なるから、まるで色々な国が集まった感じで面白い。

今日はとても驚いた事が。

今出張中で滞在しているシッキム州の州都ガントック。ホームステイ先の台所を覗いたら、なんとゴミ箱が2つあって分別されているでは無いですか。

インド ゴミ 分別:分別された家庭のゴミ箱
分別された家庭のゴミ箱

なんと、燃えるゴミ(緑のバケツ)と燃えないゴミ(青のバケツ)は州から提供されたもので、日によって回収日が違うとか。この他にも、Eウェースト(電子ゴミ)や、ペットボトルはまた分けなければいけないらしく、まさに日本では無いですか!そして、別れたゴミでリサイクルできるものは再利用をするらしい。

シッキムはオーガニック野菜の農業が盛んであり、これには政府の補助も出ているそう。

ヒマラヤの山奥に栄えた近代的な都市。停電も無く、水もふんだんに使用できて、水道水も飲める(湧き水の水源が沢山ある様で、それを濾過するので変な味はしない:ただ安全とは言いながらも更に濾過するか沸騰させた方がセーフ)。

人口たった60万人のインドで一番人の少ない州だけど、他のインドにモデルになってほしい事が沢山あります(ゴミのポイ捨ては罰金である事は前回の記事にも記載しました)。シッキムのサプライズはそれだけではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top