エチオピア航空B737エコノミークラス搭乗記:ヨハネスブルグ→アディスアベバ

航空会社:エチオピア航空
便名:ET 848
フライト区間:ヨハネスブルグ→アディスアベバ
フライト利用日:2018年4月17日(火)
予定出発時刻:08:20発
実際の出発時刻:08:20発
予定到着時刻:14:45着
実際の到着時刻:14:45着
時刻表上のフライト時間:5時間25分
実際のフライト時間:5時間25分
機種:ボーイング737-800
利用クラス:エコノミー
座席番号:29L
機材番号:ET-AQO
機材導入日:2015年5月9日

あまり好きではない小型機材B737によるフライト。理由は、横幅が狭く、エチオピア航空の場合は前との幅も狭いからです。2時間ぐらい程度のフライトなら耐えられるけど、それ以上となると結構疲れる。今回の様に5時間以上となるとちょっと違和感あります。

チェックインカウンターへ行くと、なんとシステムダウンで荷物を預ける事ができないとの事。反対側にある、エチオピア航空のチケットカウンターへ行くように指示され、そこで手書きのタグを発行してくれるとの事。おいおい。。。

案内も特に無く、他の乗客が教えてくれるまでずっと普通のチェックインカウンターで並んでいました。チケットカウンターは長蛇の列で、スタアラゴールド・ビジネスクラスの列は無し。

チケットカウンター
チケットカウンター

15分ぐらいして、システムが復帰。普通にチェックインカウンターで手続きができる様になりましたが、今度は割り込みが大変でカオス状態。

ちなみに、割り込みしていた人たち、皆インド人(笑)。このフライトはインド便への乗り継ぎが良い事から、乗客の大多数がインド人でした。少なくてもインド人程「きつくない」アフリカ系の人も後ろで飽きれていて、僕に対して「空いたらちゃんと前へ無理やり進みなさい!」と女性の方に注意されました。

インド人、通りでアフリカだろうがどこだろうが世界各地でたくましく生けれる訳がここで証明(笑)。

割り込みインド人ファミリー
割り込みインド人ファミリー
カオス状態のチェックインカウンター
カオス状態のチェックインカウンター

ひとまず手続き完了後、セキュリティーチェック、出国審査を終え、南アフリカ航空のラウンジへ向かいました。チェックイン時ではBidvest Loungeを指定されますが、同じスタアラ系列なので南ア航空のラウンジを使用しても問題ありません。

搭乗券
搭乗券
搭乗口
搭乗口

機内に入るとスカイインテリアという新型のB737-800機でした。まだ新しい感じの飛行機で、清々しい感じ。

エチオピア航空は次々と新しい機材を導入するので凄いです。国は正直世界レベルで見るとかなり貧しいけど、航空会社だけは70年以上の歴史があり、昔からマネジメントはしっかりしている国営航空会社。

もともとは世界一歴史のある皇室(今は日本の皇室になったが)であったメネリク王が立ち上げた航空会社で、エチオピアのプライドでもあります。

エチオピア航空 737 エコノミー:エコノミークラスシート
エコノミークラスシート
エコノミークラスシート
エコノミークラスシート

先ほども記載しましたが短距離路線用の機材のためシートピッチが狭い!LCC並み!

狭いシートピッチ
狭いシートピッチ
インテリアは好みです
インテリアは好みです
素敵なスカイインテリア
素敵なスカイインテリア
空調が調整できる
空調が調整できる
エンターテインメントコントローラー
エンターテインメントコントローラー
機内安全ビデオ
機内安全ビデオ
南アフリカ航空機が来ました
南アフリカ航空機が来ました

離陸後、映画が上映されました。洋画1本、ドキュメンタリー1本、あとはコメディー2本とシートテレビが無いけどバランスの良いプログラムでした。

The Big Bang Theory
The Big Bang Theory
マラウィ付近上空
マラウィ付近上空

このフライトでも、往路と同様に2回の食事が提供されました。まずは朝食からスタートし、到着前にサンドイッチが提供されます。

朝食のチョイスはありませんでした。南アでの機内食搭載なので結構うまいです。前回は昼食でしたが、その時選んだビーフシチューがめちゃウマだったのを覚えています。

内容は新鮮なフルーツ、スクランブルエッグ、ビーフソーセージ、そしてトマト。南アは牛肉が美味しいです。

朝食
朝食

次第に世界最大の溝で人類発祥の地だと言われているリフトバレー上空へ。本当にくっきり、確認できます。

リフトバレー
リフトバレー

今回の旅行は往復ともアフリカ上空全体的に雲がかかり、期待していたキリマンジャロ山やケニア山を眺める事ができませんでした。

エチオピア上空になるとサンドイッチが配られました。これはビーフとベジタリアンが選べ、ビーフを選択。付け合わせのオリーブのビスケットは乗務員によって配る人と配らない人が居て、生憎後者のあまり愛想の無いクルーだったので「ビスケットは?」と聞いたら無言で2袋配りました。おいおい、なんで一貫性無いんだよ。

サンドイッチ
サンドイッチ
中身のビーフ
中身のビーフ

中身は柔らかいローストビーフでパンももっちりしていて、やはり南ア搭載の機内食はクオリティーが高い。

オリーブクッキー
オリーブクッキー
中身
中身

白ワインと頂きました。

白ワイン
白ワイン

アディスアベバへ降下。高原地帯が現れます。

アディスアベバ付近
アディスアベバ付近
アディスアベバ上空
アディスアベバ上空
アディスアベバ上空
アディスアベバ上空

定刻通りに着陸。この空港の滑走路脇は古い航空機の墓場になっていて、DC3のミイラが2機並んでいました。昔からずーっと放置していますが、どういう心境なんだろ。

DC3のミイラ
DC3のミイラ

アディスアベバは雨でした。

到着
到着

<フライトの印象>
新しい機材でデザインが良く、座席は狭いながらもまた航空会社の配慮で隣席を空けておいてくれたので、そこそこ快適でした。気になった点といえばクルーの愛想の無さ。ビジネスクラスを担当していたクルー(漏れそうだったのでビジネスクラスのトイレを使わせてもらいましたw)は非常に愛想が良かったのですが、エチオピア航空はそこがネックみたい。昨年エチオピア航空のビジネスクラスを利用した時は、クルーのサービスは最高でしたが、今回エコノミーを利用続け、こっちには大したクルーは居ませんでした。差がありすぎ。食事は南ア発という事で美味しかった。エンターテインメントはシートテレビが無いけど共用スクリーンで映画やドキュメンタリー、コメディーなど次から次へと流していたのでそこは良かったです。でも、やはりB737は好きになれないな。。。まだA320の方が胴体が広いので、同じシート配列だと後者が快適です。エチオピア航空を選ぶとき、B737かその他の機材かでかなり印象が異なると思います。

【搭乗評価】
出発空港でのスタッフ対応:☆☆☆☆
機内クルーの対応:☆☆☆
アメニティー・エンターテインメント・シートの設備:☆☆☆☆
シートの快適度:☆☆
機内食・飲み物のクオリティー:☆☆☆☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top