インド⇔日本ANAで往復総額2.8万円から!

昨日10月27日、新規で運航を開始したANAの成田⇔チェンナイ便。

現在、明日10月29日までの発券を対象に、大幅なセールを実施しています。

ANAが就航しているデリー、ムンバイ、チェンナイすべてから最安値運賃はかなりのお値打ちですが、その中で最も安価なのはチェンナイ発着の往復便。

インドルピーで総額Rs. 18,000台から、日本円にして何と約28,000円。LCCよりも安いかも!

<チェンナイ⇔東京>

ANA チェンナイ:チェンナイ⇔成田往復運賃
チェンナイ⇔成田往復運賃

大阪、名古屋、福岡も、東京乗継でほぼ同額。

その他の日本各地は、片道当たりの追加で約2,500前後。日本円で4,000円弱。追加料金約Rs. 9,000前後で、東京でのストップオーバーは可

例えば、石垣島。往復Rs. 24,300(約3.6万円)。普通に羽田⇔石垣島だけで乗るよりも、安いかも(笑)

<チェンナイ⇔石垣島>

チェンナイ⇔石垣島
チェンナイ⇔石垣島

この石垣島は、ANAプレミアムポイントを貯めてSFC会員を目指すには最適。特に、羽田⇔石垣島の区間は安い航空券でも国際線区間の付随として、とてもポイントが貯まるからです。

生憎、ANAホームページ上で、まだチェンナイ行きのポイントが表示されないので、ムンバイ便でみてみましょう。

<ムンバイ⇔成田>

ムンバイ⇔成田片道PP計算
ムンバイ⇔成田片道PP計算

<羽田⇔石垣島>

羽田⇔石垣島片道PP計算
羽田⇔石垣島片道PP計算

面白いのは、距離では羽田⇔石垣島の方が断然近いが、正規運賃っぽい扱いなのでかなりポイントが貯まる。これで、往復チェンナイ⇔石垣島、4区間を合計すると8,678PP。

チェンナイの方が若干距離がムンバイ線より短いので、8,400PPぐらいになります。

3.6万円で8,400PPはかなりお得な計算に。

1月1日から1月31日の間に6往復すれば、スタアラゴールド、そしてSFCを目指せます。総額21万円で!もちろん、これには明日までに6往復分すべて購入しなければなりませんが(笑)。

ANAのセールは大胆です。

「インド⇔日本ANAで往復総額2.8万円から!」への3件のフィードバック

  1. こんばんは!チェンナイのかずきさんの友人です。来年はスタアラのステータスを目指したいのですが、チェンナイ在住で、何か方法ありますでしょうか。

  2. すしまる

    こんにちは。日頃利用されるルートや、航空運賃の指定が可能か、または永久資格を目指したいかによって、方法はいくらでもあります。ここに記載すると長くなりますので、もし現在スマホバージョンで閲覧されている場合は、ページ下の「ウェブバージョンで表示」をクリックし、ウェブバージョンで表示されたらページの右下にある「お問い合わせ」から以下教えて下さい。

    〇インド国内の出張は定期的にありますか?

    〇日本へは年にどれぐらい帰国されますか?

    〇バンコクやシンガポール等旅行する機会が年に何度かありますか?

    〇もし、駐在員のご家族の場合、航空運賃の指定はできますか(例えば、同じエコノミーでも条件が緩く、高い運賃だとマイルが多く貯まりやすく、変更不可等条件が厳しく、低い運賃とあまり貯まりません)。

  3. すしまるさん!ありがとうございます😊
    めちゃ感激❣️私の場合、駐在員の奥様で、年三回に東南アジア経由で日本か台湾に帰られます。
    国内出張はないのですが、旅行ならあります。
    シンガポールやバンコクも週末にいけますが、自費なので、やはり安い運賃だとPPがよくない💦
    来年はすでに一月成田チェンナイと羽田山口宇部のレグを5回予定しております。
    やはりPP単価を抑えずつ楽しく旅行できたらなあと!ご教授ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top