新千歳空港ANAラウンジ訪問記

空港都市:札幌
空港名:新千歳空港
ターミナル・コンコース:国内線
ラウンジ運営航空会社:ANA
ラウンジ名:ANAラウンジ
ラウンジ利用日:2021年12月9日(木)
ラウンジ利用時間:15:15~16:30頃
ラウンジ利用時の混雑状況:そこそこ混んでいる

残念ながら、ANAのプレミアムクラスは運賃対象が「ファーストクラス」でありながら、同社最上級会員用のラウンジ、ANAスイートラウンジは使用できない事になっています。結果、使用できるラウンジは最上級会員から2つ目であるステータス保持者対象のANAラウンジのみが利用可能です。

そのため、ラウンジの食事は限られてしまいほぼ無に等しいです。

ラウンジ入口
ラウンジ入口
ラウンジ入口
ラウンジ入口

入口手前にはレトロなロッカールームがありました。こういう扉の無いものを初めて見ましたが、これはこれで良いですね。

ロッカールーム
ロッカールーム

落ち着いたラウンジ

ラウンジ全景
ラウンジ全景

ラウンジは建築家の隈研吾氏がデザインしたもので、真ん中のテーブルには苔のオブジェがあります。

ラウンジ全景
ラウンジ全景

自分は窓際のカウンターテーブルを選びました。それぞれ、2つのコンセントとUSB電源が配置されていました。

電源各種
電源各種

景色は最高です。北海道の大地が見渡せます。

丁度、これから乗る飛行機が到着しました。

ラウンジからの景色
ラウンジからの景色
ラウンジからの景色
ラウンジからの景色

飲み物はそこそこ充実・食べ物はほぼ無

飲み物は種類がそこそこ豊富です。

ソフトドリンク類
ソフトドリンク類

ちなみにトマトジュースは伊藤園の「熟トマト」、オレンジ色のジュースは「カゴメ野菜生活100%オリジナル」でした。

青汁とソフトドリンクサーバー
青汁とソフトドリンクサーバー

青汁はキューサイ青汁。

生ビールと角ハイボールサーバー
生ビールと角ハイボールサーバー

北海道のクラシックビールもあります。角ハイボールは冷蔵庫に専用グラスがありました。

ウィスキーや焼酎とおつまみ
ウィスキーや焼酎とおつまみ

左から黒霧島、猿川、ニッカウィスキー、そしてメーカーズマーク。無難な並びです。

写真にはありませんが、その他コーヒーサーバーやお茶のセクションもありました。

青汁とおつまみ
青汁とおつまみ

食べ物がおつまみだけだと寂しい。。。せめておにぎりでも置いてくれよー。

ただ、何故かもっと豪華である羽田空港のダイヤモンドプレミアラウンジよりもこちらの方が落ち着きました。シンプルなラウンジではありますが、そこそこ混雑していても快適に過ごせました。景色が良いのもプラスポイントですね。

【ラウンジ評価】
スタッフの対応:☆☆☆☆☆
ラウンジの快適度※:☆☆☆☆☆
ラウンジのデザイン性:☆☆☆☆
設備・アメニティー:☆☆☆
食事・飲み物の種類:☆☆☆
食事・飲み物の質:☆☆☆
※体験時の混雑状況も重なるので、必ずしも参考になるものではありません。

<ラウンジの印象>
落ち着いたラウンジで快適ではありますが、おつまみ以外の食事が無いのは寂しい。その分、飲み物は充実しています。ただ、何と言ってもプレミアムクラス搭乗者は一つ上のANAスイートラウンジにお通ししないのか謎です。もし、プレミアムクラスが「ビジネスクラス」の扱いなら理解できますがね。そこはやはり競合相手のJALにしっかり劣ってしまっているのが現状です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。 また、このホ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top