マディヤ・プラデーシュ州政府民芸店のお手頃価格なベッドシーツ

4年ぶりにデリーに戻ってきてまず驚いたのは物価の高騰。対米ドルでは1割しかインドルピーの価値は下がっていないのに、一般消費財に関しては実際は1.5倍ぐらい値上がりしている印象です。

まず、新居で必要なのはベッドシーツやクッションカバーなどのファブリック類。

昔からFabIndiaのファンだったのでそこで購入しようかと思いましたが、ダブルサイズのベッドシーツが普通にRs. 3,000以上。想定以上に値上がりしており、ゲストルーム分含めて最低4セットは必要だったので、そこまで予算は掛けたくないなぁ、と言う印象でした。Good Earthも興味がありましたが、こっちは確実に予算オーバー😱

グルグラームに住む友人に相談したら、インド柄であればコンノートプレイスにある各州政府の民芸品店が良いよ、と言われて、行ってみました。

ざっと500メートルに渡って、インド各州の民芸品店が並びます。北はカシミール、南はケーララ、西はグジャラート、東はナガランドとインド各地から集まっています。

流石に30近くある店舗全てには入りませんでしたが、表から見てここよさそう!と思ったのを5店ほど入りました。

その中で最も印象に残ったのがマディヤ・プラデーシュ州政府運営のMrignayani。場所はこちら。

Mrignayaniの位置
Mrignayaniの位置

因みに、最初に入店したナガランド州政府民芸店もナガショールがあったり、厚手のリバーシブルのベッドカバーがあったりと、こちらもお手頃価格で販売されていて結構悩みました(結果、ベッドカバーには興味が無いのでやめましたが)。

Mrignayaniの店内、土曜日にも関わらず、閑古鳥が泣いている。。。どの州政府民芸店もそんな感じです。あまり宣伝されていないせいかな?まぁ、各州の税金で運営していると思われているので、商売繁盛しなくても関係無いかもしれませんが(笑)。そのため、どこに入っても結構親切に対応してくれました。

Mrignayaniの店内
Mrignayaniの店内

コットン製のベッドシーツやクッションカバー、ラグ、ランチョンマットのコーナーは日本式の3階に。

ベッドシーツの価格はシングルがRs. 1,000前後から、ダブルはRs. 1,500前後からあり、同じ価格でリバーシブルな枕カバー2セットも付いてくるものもあります。しかも、訪問時はこの価格からどれも30%オフ!

お手頃価格な分、少し糸屑が千切れている場合があったりするので購入前に一度広げて確認する必要があります。

Mrignayaniで購入したベッドシーツとラグ
Mrignayaniで購入したベッドシーツとラグ

↑エメラルドグリーンのベッドシーツと枕カバー、そしてラグがMrignayaniで購入したもの、青い掛け布団(まだ暑いのでベッドシーツですが)は、少し厚手のもので同じ通りに並ぶアッサム州政府の民芸店で購入したもの。こちらもコットン製でRs. 1,400とお手頃価格。ラグはちょっと値段を忘れてしまいましたが、Rs. 1,000前後だったと思います。しっかりした麻のものです。

ファブリックは洗濯の際色落ちするかなぁ?なんて心配していましたが、問題ありませんでした。

ランチョンマットなんて、6枚1セットで割引後Rs. 500前後。こちらもリバーシブル!

この写真のファブリック系は全てMrignayaniで購入
この写真のファブリック系は全てMrignayaniで購入

写真の緑と黄色のランチョンマットが例のもの。結構気に入っています。奥のカウチに並んでいるクッションカバーやベッドシーツも同じ場所で購入。デザインのセンス無いので色のバランス等はご容赦下さい⭐️

まとめ

まだインフレの波を感じさせない昔ながらのゆったりとした時間が流れる各州政府民芸店。掘り出し物があるかもしれません。各州の個性があってインド柄を求めるのであれば、お土産としてもとても良いお買い物スポットだと思います。

因みに、政府民芸店(=エンポリウム)と言えば同じくコンノートプレイスにあるデパート式のビルの店舗もありますが、こちらは別物なのでご注意を。

余談

モンスーンが到来し、やっと今朝は涼しくなりましたね!うちのにゃにゃも今はベランダで寛いでいます。今日の予想最高気温は31℃。東京よりも涼しい^^

涼しさを楽しむにゃにゃ
涼しさを楽しむにゃにゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top