8月に行ってはいけないインド国内の旅行先

もうすぐ日本の夏休み♪

とは言っても、まだ入国制限のある日本で気軽に日本からインドへ旅行しまーす、と言うムードでは無いし、ましてやまたコロナ感染者が急増。

まぁ参考までに。

①ダージリンとシッキム

ヒマラヤ山脈の付近の展望及び避暑地として有名なこの地域は、モンスーン(雨季)の真っ只中。ほぼ24時間ずっと雨が降っている、と言う事も珍しく無いです。ちょうどヒマラヤ山脈の麓は南からやってくるモンスーンの雲を「さぁどうぞ、飛び込んでくれい」と誘っている様に時には非常に強い雨を降らせ、土砂崩れも起こりやすくなります。確かに涼しいですが、ヒマラヤ山脈が望める確率は非常に低い。

8月のシッキム
8月のシッキム
雲に覆われやすい8月のガントック
雲に覆われやすい8月のガントック

代案:この地域を訪れるベストシーズンは雨季が明けたばかりで晴天日の多い10月下旬〜1月中旬頃まで。

11月のダージリン
11月のダージリン

↑やっぱりダージリンへ行ったらこの景色は見るべき!!

②バラナシ

こちらも雨季の影響を受け、時によってはガンジス川は氾濫しやすくなる。川の流れが早いため、ハイライトである早朝のボートライドは実施が厳しく、雲に覆われやすいためガンジス川から昇るご来光を拝めるのも可能性が低くなる。

8月の雨で冠水したバラナシの旧市街
8月の雨で冠水したバラナシの旧市街
増水する8月のバラナシ・ガンジス川
増水する8月のバラナシ・ガンジス川

代案:バラナシのベストシーズンは空がくっきりしやすく、暑さも和らぐ2〜3月。

やっぱりバラナシと言えばこの景色!(2月撮影)
やっぱりバラナシと言えばこの景色!(2月撮影)
バラナシ・ガンジス川のご来光(2月撮影)
バラナシ・ガンジス川のご来光(2月撮影)

③極東インド:マニプール、ナガランド、メガラヤ等

同じ理由。やはりモンスーンの影響によって、山岳地帯は凄い降水量を降らせる。第二次世界大戦中に行われたインパール作戦も、この雨が日本軍を疲労させた。ただし、雨季ならではの幻想的な光景は見られるかもしれない。また、どれだけ過酷な環境の中、日本軍がこの地で勇敢に戦ったかを肌で感じるには、雨季の真っ只中がベストかもしれない。

インパール作戦の舞台でもあった雨季のウクルル付近
インパール作戦の舞台でもあった雨季のウクルル付近
最も悲惨なインパール作戦の戦場レッドヒルに近いロクタク湖の8月
最も悲惨なインパール作戦の戦場レッドヒルに近いロクタク湖の8月

また、メガラヤ州にある、世界で一番降水量の多い街で知られるチェラプンジは雨季に集中的に雨が降るので、それを体験しに行きたい変態(えっへん、筆者だ!)であれば、面白いかもしれない。その代わり、何にも景色を楽しめませんが(笑)。

チェラプンジでモンスーンの雨を楽しむインド人観光客
チェラプンジでモンスーンの雨を楽しむインド人観光客

代案:北東インドのベストシーズンは雨季の明けたばかりで滝の景色等が楽しめる10月中旬〜12月下旬。

トレッキングでしか辿り着けない生きた木の橋
トレッキングでしか辿り着けない生きた木の橋
水量が豊富な雨季が明ける直後ぐらいがベスト
水量が豊富な雨季が明ける直後ぐらいがベスト

まとめ

結果的に、これらの場所が共通しているのはモンスーン。この他、南インドの西海岸にあるゴアやケーララも同等です。波が荒くてビーチなんて楽しんでいる場合じゃない。デリーやタージマハル、ジャイプルなどは砂漠地帯に近づくため、モンスーンでもそれほど多くの雨が降らなく(土砂降りと晴れの繰り返し)、若干蒸し暑いだけなので旅行するには悪くない。空気も綺麗だし、ホテルはオフシーズン料金でお得に宿泊できるし。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

虫除け

インド土産確定:蚊除けローラー

うちの猫はベランダが大好きなのですが、手すりから近所へジャンプされては困るので(写真の通りインドの家は隙間無しに隣同士の建物がピッタリくっついています)、いつも横で見張っています。 ただ、モンスーンが

もっと読む>
デリーの電気代請求書

電気代の請求額に超驚き!

4年ぶりにデリーに戻り、新居に引っ越してから先日初めて1ヶ月分(6月18日〜7月19日)の電気代の請求書を大家からもらいました。 金額は。。。 Rs. 14,660 え??インドルピーだよね?日本円じ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top