ジェットエアウェイズB737-800ビジネスクラス搭乗記:デリー→スリナガルその1(ラウンジ編)

今回は初めてインド国内線でビジネスクラスを利用しました。前回2月の時の大セールに購入したチケットで、エコノミーとほぼ変わらない料金だったので迷わず購入しました。

たかが1時間たらずのフライトですが、エコノミークラスとはサービスに大きな差がある事が判断できました。このブログでは、2つに分けます。

その1:デリー空港とラウンジでの体験

その2:機内での体験

この記事では、デリー空港とラウンジでの体験をアップします。

デリー空港第3ターミナルの入口
デリー空港第3ターミナルの入口

いつもの通り、入口で警備にEチケットを見せて入ります。インドの空港ではチケットが無いと空港内に入る事ができません。デリー空港の第3ターミナルでは、国内線と国際線の両方が出発します。国内線で第3ターミナルを利用する航空会社はエアインディア、ジェットエアウェイズ、ヴィスタラの3社です。

出発フライト詳細
出発フライト詳細
ジェットエアウェイズのチェックインカウンター
ジェットエアウェイズのチェックインカウンター
搭乗券
搭乗券

折角ビジネスクラスのチェックインカウンターに並んだら、カウンターの女性からオンラインチェックインがされているのでオンラインチェックインを済ませた客用のカウンター(エコノミー・ビジネス共用)へ行ってくれと言われました。これじゃビジネスクラス乗る醍醐味ないじゃん(笑)。幸いオンラインチェックイン済み用のカウンターは空いていましたが、正直これじゃビジネスクラス客として意味が無いので、これからジェットエアウェイズのビジネスクラスに乗る時にはオンラインチェックインをしないで出向きたいと思いますw。

国内線出発口
国内線出発口
セキュリティーチェック後のエリア
セキュリティーチェック後のエリア
2階へ上がり、ラウンジへ
2階へ上がり、ラウンジへ
プラザ・プレミアムラウンジ入口
プラザ・プレミアムラウンジ入口

ジェットエアウェイズは自社のラウンジが無く、ビジネスクラス客はプラザ・プレミアムラウンジが利用できます。ラウンジは比較的広く、ホットミールや飲み物があり、酒に付いては展示はありましたがバーテンダーはいませんでした(朝だったため?)。

プラザプレミアム ラウンジ デリー空港 国内線
ラウンジ内
ラウンジ内
ラウンジ内
卵サンド
卵サンド
パン類
パン類
茹で卵とフレンチトースト
茹で卵とフレンチトースト
インド風のトマトベースのカレーとチャパティ
インド風のトマトベースのカレーとチャパティ
サラダ・フルーツバー
サラダ・フルーツバー
ドリンク類
ドリンク類
牛乳とジュース
牛乳とジュース
コーヒーマシン
コーヒーマシン
朝食です
朝食です
お好みの卵も調理してくれます
お好みの卵も調理してくれます
シェフ
シェフ

デリー国際空港の第3ターミナルはとても広く、ゲートがターミナルの端にあれば20分ぐらい歩かなければいけない事もあります。そのため、早めにゲートへ向かう事にしました。

本当に。。。
本当に。。。
とても。。。
とても。。。
広すぎです。。。
広すぎです。。。

ゲートは端の方にあり、徒歩で大分歩きました。既にボーディングはエコノミークラスも含めて終わっていて優先搭乗は味わえませんでした(笑)。これでも早めに着くはずだったのに。。。

ジェットエアウェイズのB737-800機
ジェットエアウェイズのB737-800機
いよいよ搭乗です!
いよいよ搭乗です!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top