ニムラナにこんな凄い階段井戸があったとは

もうすぐご帰国されるいつもお世話になっているBさん&Bさん友人と日本企業の工業団地があるニムラナへ行ってきました。ニムラナ・フォートのランチが目的で、そのついでにBさんから「階段井戸があるよ」と聞いて、是非行ってみたいと思いました。

以前にも階段井戸がある事は聞いていましたが、あまりイメージが沸かず、どうせ小さいスケールかと思っていましたが実際行ってみると巨大なスケールにびっくりします!

ニムラナ 階段井戸:ニムラナの階段井戸
ニムラナの階段井戸
ニムラナの階段井戸
ニムラナの階段井戸

↑赤印が見えますでしょうか。これが、人間のサイズです。どれだけ深くてスケールが大きいかお判りかと思います。建物だと地下10階ぐらいかな。

下から撮影
下から撮影

一番下までは行きませんでしたが、かなり深いです。ただ、残念なのがこれだけ凄い遺跡なのに、何も修復やケアがされていない事。荒野にポツンと取り残された感じです。周りに商店などはありません。一人で来ると、ビビるかもしれません。しかも、柵が無いので、ちょっと足を踏み外したらあの世行き。

ちなみにデリーにも階段井戸がありますよ。

スケールはニムラナ程ではありませんが、一つはクトゥブミナールの近所にあるラジョン・キ・バオリ、もう一つがコンノートプレイスにあるアグラセン・キ・バオリです。

ラジョン・キ・バオリ
ラジョン・キ・バオリ
ラジョン・キ・バオリ
ラジョン・キ・バオリ
アグラセン・キ・バオリ
アグラセン・キ・バオリ

ラジョン・キ・バオリもメローリの森の中を歩かなければ行けない僻地ですが、コンノートにあるアグラセン・キ・バオリは高層ビル群の中にあって情緒あります。

でもこのニムラナのスケールには及ばない!非常にもったいないです。このサイズの階段井戸なら、入場料徴収するようにして守るべき。逆を返せば、インドにはこの様な遺跡がそこらじゅうに沢山あるので、あまり政府も関心が無いのかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年11月の電気代

超極端:今度は安すぎる電気代

今暮らしている賃貸物件。基本的に平日はずっと自宅に引きこもり状態です。 大家からもらった最新の電気代請求書。 このブログを読まれている方はご存知かもしれませんが、2022年7月に一番最初に請求された電

もっと読む>
サウスデリーの住宅街

デリー?ニューデリー?違いは何?

インドの首都は?と聞かれたら、普通何と答える? ニューデリー 正解! じゃデリーは?と言われたら、何かしっくり来ない。何が違うの?? インド政府の人口調査ホームページ(Census 2011)の情報に

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top