エアインディアB777-300ERエコノミークラス搭乗記:ムンバイ→デリー

航空会社:エアインディア
便名:AI 101
フライト区間:ムンバイ→デリー
フライト利用日:2016年6月6日(月)
予定出発時刻:21:30発
予定到着時刻:23:30着
フライト時間:2時間00分
機種:ボーイング777-300ER
座席番号:18K
機材番号:VT-ALJ
機材導入日:2007年10月9日

エティハド航空のファーストクラスを体験した後は現実に戻ります(笑)。今度はエアインディアのエコノミーでデリーへ。しか~し、素晴らしいニュースが。1時間の遅延です。これで、僕のエアインディア便、リスケも含めて7回連続ですべて遅れています(^^)。いつ定刻に出発するのかとても気になる。

さて、今回のムンバイ空港での楽しみは、2年前に建てられたばかりの第2ターミナルを利用する事です。めちゃくちゃ綺麗で、お洒落で、雰囲気の良いターミナルで、恐らく僕の訪れた世界中の空港の中のトップ3に入る程気に入った空港です(ちなみに他はシンガポールのチャンギ空港と何気に成田空港)。

エアインディア 777 エコノミー:チェックインカウンター
チェックインカウンター

この飛行機はニューヨーク行きなので、国際線の乗り場から出発します。

フライト案内板
フライト案内板
ターミナル内
ターミナル内
無料インターネットコーナー
無料インターネットコーナー
ゲートエリアへ
ゲートエリアへ
広々としてる
広々としてる
休憩所
休憩所
ゲート
ゲート
お土産物屋
お土産物屋
AI101出発ゲート
AI101出発ゲート

ムンバイ空港第2ターミナルが気に入った理由の一つは、床がカーペットでは無く、大理石である事。カーペットを使用すると、最初はいいけどその内独特の湿った匂いがしてくるので、大理石の方が清潔感があります。

ついに搭乗
ついに搭乗

今回乗る機材はB777-300ER。国際線の長距離用です。これで、エアインディアの機材はすべて制覇しました。って、自慢になるのか判らないけど(笑)。

エアインディアを選んだ理由はこのB777-300ER機に乗りたかったのと、この時間帯で一番料金が安く、且つムンバイ空港でターミナルの移動が無いので楽だからでした。あと、スターアライアンス系なのでマイルが貯まる事もプラス。

でも、正直毎回遅延するし(1時間たらずですが、それでも気になります)、ドリームライナー以外ぼろい機材が多いし、清潔感もちょっと欠けているし、ちょっと今度から利用するのを控えたい気分です。歴史が長い分、クルーは本当に「すげー、プロだ!」と思わせるのも居れば、「こいつ絶対客を見下しているし仕事手抜きだな」と思わせるタイプも居ます。ただ、昔と比べると確実に改善に力をゆっくり入れている事が理解できます。

エアインディアの良いところ:それは、機内食(2時間以上のフライトの場合)。昼食や夕食になると、国際線並みにガッツリ出てきます。ただ、今回はエティハド航空のラウンジと機内で沢山食べて腹が一杯だったので、夕食は頂きませんでした。

エアインディアビジネスクラスシート
エアインディアビジネスクラスシート
エアインディアビジネスクラスシート
エアインディアビジネスクラスシート

ビジネスクラスはかなりゆとりがある感じがします。

そしてエコノミー。今では珍しい3-3-3の配列です。今はもう1席多い3-4-3が主流になりましたが、エアインディアの他、タイ国際航空やキャセイ、シンガポール航空、JAL(国際線)は未だにゆとりのある3-3-3を導入しています。

エコノミーシート
エコノミーシート
エコノミーシート
エコノミーシート
座席から望む
座席から望む
ピッチ
ピッチ

シートピッチはそこそこです。普通の国内線よりは広く感じます。

シート
シート
コントローラー
コントローラー
ヘッドフォン
ヘッドフォン

ヘッドフォンはエコノミーにしては結構立派です。国内線ですが、しっかりエンターテイメント(音楽&テレビ)を楽しむ事ができます。

機内食はスキップします。遅延してしまったので、ちょっと疲れ気味。。。

初めてのムンバイ空港第2ターミナル、本当に素晴らしかったです。ここは良いハブ空港にできますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top