これはうまいインドメーカーのオレンジジュース:Raw Pressery

最近、とあるジュースブランドにはまっています。

その名もRaw Pressery。インドに最近出回ってきたコールドプレスジュースのメーカーで、様々な種類のジュースが販売されています。どれも200ml程度の小さいペットボトルに入っていて、濃縮還元では無く生ジュースである事が最高のポイントです。

でも。

結構な料金なんですよね。200mlぐらいのサイズで、種類にもよりますが大体Rs. 150(約250円)程度。そんなに毎回がぶがぶ飲める金額ではありません。

ところが、グルガオンのArjun MargにあるModern Bazaarで、1リットルサイズの同ブランドのジュースを発見しました。バレンシアオレンジ(Rs. 300)とザクロ(Rs. 400)。あれ、通常サイズの5倍ぐらいの量で、値段は2倍なのでかなりお得です。

Raw Pressery のジュースボトル
Raw Presseryのジュースボトル
Raw Presseryのジュースボトル
Raw Presseryのジュースボトル

やっぱり生絞りは濃縮還元とは違います!本当にうまいです。つぶつぶもたっぷり。丁度風邪気味なので、ビタミンをたっぷり採れる様な気分もして良いです。

ちなみに僕の好きなこのブランドのジュースは緑色をしたサトウキビジュース(Sugar Cane Juice)。日本ではなかなか飲めませんね。野菜とフルーツの抹茶とか、結構冒険っぽいジュースも沢山あります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top