感動×2のムンバイ空港第2ターミナル

以前、ムンバイ空港の第2ターミナルがどれだけ気に入ったか記載しましたが、何度訪れてもその感動は絶えません。

地元マハラーシュトラ州の伝統からモダン作品が至るところに展示されていたり、ターミナルの中に本物の植物があってジャングルみたいになっていたりと楽しい。空港運営のラウンジが素晴らしい事も前の記事に記載しました。

展示物はこんな感じ。

ムンバイ空港 美術館:展示物
展示物
壁一面
壁一面
国内線ゲート付近
国内線ゲート付近
上までびっしりアートが
上までびっしりアートが
国内線ゲート付近
国内線ゲート付近
こんなのも
こんなのも
カラフル
カラフル
ガネーシャ
ガネーシャ
国内線出発ゲート付近
国内線出発ゲート付近

ターミナル全体がアートギャラリーになっています。このコンセプトは本当に面白い。

でも、こんな世界トップクラスの空港でも、空港の周辺は昔ながらのスラムが密集。飛行機からよく眺められます。

第2ターミナルと密集したスラムが両立
第2ターミナルと密集したスラムが両立

この空港はたとえラウンジに入れなくても、長時間トランジットしても疲れません。

インドのクオリティー、高いものは非常に高いのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top