病みつきになるBikanervalaのインドスイーツ

インドスイーツと言うと。。。甘すぎる、胃もたれする、洗練さが無い等レッテルを張られがちだけど、最近肥満が問題のインド社会において、「甘さ控えめ」のコンセプトが浸透してきました。昔だと、インド系企業の事務所へ行くとかなり甘いチャイやコーヒーが出てくる事が多かったけど最近は「ほんのり甘い」という感じも多く、日本人にとっても馴染みやすくなりました。

さて、最近近所にお菓子屋ができました。インド全土に展開するチェーンのBikanervala。

Bikanervalaのロゴ
店のロゴ

インドでは大抵スイーツショップというと、ベジタリアンのレストランを兼ねている場合が多く、ここも例外では無いです。結構スイーツショップのインドカレーって美味しいんですよね。インド在住の日本人にも馴染み深い、Haldiram’sもそうです。速い・安い・美味いんですよ。

Bikanervalaのターリー
Bikanervalaのターリー

この量でRs. 250(約400円)ぐらい。

今回はショーウィンドウにあったスイーツが美味そうだったので、購入していきました。これが大当たり!!インドのスイーツって、こんなに繊細だったのか、と思う程。名前はちょっと分からないけど、以下の2点はかなりおススメ。

一つ目
一つ目

一つ目は、ラスマライというパニール(コッテージチーズ)系を、サフランクリームに漬けたお菓子で、赤色のサフランが一本載っているという高級品。濃厚でクリーミーだけど甘さはそんなに無く、かなり上品な味でした。サフランの香りがたっぷり出ている。容器は、お洒落にインド伝統の素焼き製。

二つ目
二つ目

二つ目も、濃厚クリームの中に新鮮なカットフルーツが入ったもの。これも素焼き。フルーツタルトの生地無しバージョンを食べている感じです。

どちらも冷蔵庫で冷やして食べるとう。ま。い。

ちゃんとしたスイーツショップで購入するお菓子は違いますね。甘さ控えめでも決してカロリーは低めでは無さそうなので、ちゃんとコントロールしないとヤバそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年11月の電気代

超極端:今度は安すぎる電気代

今暮らしている賃貸物件。基本的に平日はずっと自宅に引きこもり状態です。 大家からもらった最新の電気代請求書。 このブログを読まれている方はご存知かもしれませんが、2022年7月に一番最初に請求された電

もっと読む>
サウスデリーの住宅街

デリー?ニューデリー?違いは何?

インドの首都は?と聞かれたら、普通何と答える? ニューデリー 正解! じゃデリーは?と言われたら、何かしっくり来ない。何が違うの?? インド政府の人口調査ホームページ(Census 2011)の情報に

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top