ウガンダ国内線BAR Aviationセスナキャラバン搭乗記:キヒヒ→カセセ→エンテベ

航空会社:BAR Aviation
フライト区間:キヒヒ→カセセ→エンテベ
フライト利用日:2022年4月29日(金)
機種:セスナグランドキャラバンCE-208B

機材番号:5X-KEB

<まだIATAのコードを持っていない>

この区間は、現地パートナーが主催する視察旅行プログラムの一環として手配されており、直前まで何航空なのか、どんなルートなのか、全く当日まで不明でした。

ウガンダの国内線の主力はAero Linkという、こちらもセスナ機をメインに運行している航空会社です。出発時、こちらの飛行機が泊まっていたので、てっきりこのフライトかと思いきや、一本遅いBar Aviation社による運行の便でした。

まだ、2桁のIATAコードを持っていない、謎?の航空会社ですが、パイロット含め地上スタッフの対応がとても良く、安心して乗れました。

<キヒヒ空港>

キヒヒ空港はウガンダ南西部に位置する空港で、主にゴリラトレッキングを行うための拠点となる空港です。ゴリラトレッキングの拠点はここから車で約1時間半ほど離れたブホマという、山奥の集落になります。

キヒヒ空港は、空港というよりも、小さなVIP調の小屋でした(笑)。

キヒヒ空港の「ターミナル」
キヒヒ空港の「ターミナル」
「ターミナル」内
「ターミナル」内

スタッフが1名だけおり、ノートに手書きで名前や国籍などの情報を記入してチェックインは終わりました。ガイドが空港まで同行していたので、詳しい手続きは既に行われたと思われます。

搭乗券などはありません。

先に出発のアエロリンク
先に出発のアエロリンク

空港到着時、てっきりこのフライトに乗るのかと思いました。結構搭乗者が既に居たので、もしかしたら満席になって窓際を確保できない??と心配していましたが、このフライトでは無いと知らされてホッとしました。

このセスナキャラバングランド208機は、12人乗りで座席配列が1-2なので、満席の場合は乗客全員が窓際を確保できないのです。

先に出発のアエロリンク
先に出発のアエロリンク
これから到着するBAR Aviationを待機中
これから到着するBAR Aviationを待機中

滑走路は砂利の未舗装。

Bar Aviation機到着
Bar Aviation機到着

いよいよ、機内に入ります。乗客は、我々4名のグループに、1名、次のカセセ空港で降りる、ロシア人トレッカーが出発地のエンテベから搭乗していました。

人生初のセスナ機に搭乗
人生初のセスナ機に搭乗

<機内>

初セスナ!本当に小さい!

いよいよ搭乗
いよいよ搭乗
チェックイン荷物を積み上げている最中
チェックイン荷物を積み上げている最中
機内
機内
シートピッチは狭め
シートピッチは狭め
安全カード
安全カード
コックピット
コックピット

搭乗時、500mlのペットボトルの水が配られます。

<カセセまでは絶景>

キヒヒ→カセセのフライト時間は約20分ととても短いですが、国立公園の上空を通過し、更にアフリカで一番標高の高い山脈(因みにキリマンジャロ山は単独の山で山脈に属しません)を並行するので、絶景を楽しめます。

離陸時の機内
離陸時の機内
離陸
離陸
ゴルフ場
ゴルフ場
クリーンエリザベス国立公園上空
クリーンエリザベス国立公園上空

写真には残していませんが、上空から象の群れを確認する事が出来ました。

国立公園内の集落
国立公園内の集落
エドワード湖;対岸はコンゴ民主共和国
エドワード湖;対岸はコンゴ民主共和国
ウガンダ西部の火山地帯
ウガンダ西部の火山地帯

生憎、雨季の真っ只中であったため、アフリカで3番目の高さを誇るスタンリー・ピークを確認する事が出来ませんでした。標高は5,109メートルもあり、万年氷河があります。

この辺りはカルデラ湖が多く見かけられます
この辺りはカルデラ湖が多く見かけられます
カセセの街が見えてきました
カセセの街が見えてきました
カセセ着陸寸前
カセセ着陸寸前

<カセセ空港>

この空港もターミナルは立派な小屋で、滑走路は芝生。味があります。ここで、これからルウェンゾリ山脈をトレッキングする乗客を1名降ろし、残り4名が貸切でエンテベまで向かいます。

カセセ空港
カセセ空港
カセセ空港
カセセ空港

<エンテベまでの旅>

カセセ→エンテベは正直そんなに景色は楽しめません。普通に平坦な眼下で時より、湖や丘が確認できるぐらい。飛行時間は約1時間でした。

カセセを離陸
カセセを離陸
カセセ→エンテベ間の景色
カセセ→エンテベ間の景色
カセセ→エンテベ間の景色
カセセ→エンテベ間の景色
エンテベ到着前の沼地
エンテベ到着前の沼地
エンテベ到着前の沼地
エンテベ到着前の沼地
エンテベ空港の滑走路
エンテベ空港の滑走路

<エンテベ空港>

着陸して駐機場はメインのターミナルから少し離れた滑走路側に近い場所でした。ここで専用のVIPバスがターミナルまで付き添いのスタッフと一緒に移動です。国際線、国内線とも到着は一緒の場所ですが、スタッフが国内線での到着と入国審査官に伝えるとそのままスルーして到着ロビーへ。

エンテベ着陸
エンテベ着陸
到着
到着

降機事、キャプテンが挨拶でお別れし、気さくでとても印象の良い方でした。

エンテベ空港ターミナル
エンテベ空港ターミナル

エンテベ空港はボーディングブリッジが2つしかない、こじんまりとした空港ですが、利用客はそれなりに多く大型機も発着するので、時間帯によってはパンク状態になります。

珍しいウガンダ航空のA330-800機
珍しいウガンダ航空のA330-800機

このウガンダ航空A330-800neo機は世界でも2社しか運行していないタイプの1社です(もう一つはクウェート航空)。ひと回り胴体の長いA330-900neoは結構発注が多いのに。

旧ターミナル
旧ターミナル

この旧ターミナルは、1976年にエールフランス機がイスラエルのテルアビブ出発後にハイジャックされた、オペレーション・エンテベの舞台にもなった場所です。

エンテベ空港の到着ロビー
エンテベ空港の到着ロビー

<初セスナの印象>

合計で1時間半程乗りましたが、やはり大型機と比べると、少し疲れやすいかな?というのが率直の意見です。キヒヒ→カセセは低空飛行でかつ絶景地を飛行していたため、あっという間の20分でしたが、その後の1時間は少し長った様にも感じました。でもVIP待遇はとても良かったですし、アトラクション感覚でとても楽しめました。セスナと聞くと高価なイメージがありますが、ウガンダの様に小国であまり国内線の利用者が居ない場合には、逆に専用車を貸し切るより安くつく場合があります(特に数名で移動する場合は)。大変良い経験をさせてもらいました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top