南アフリカで日本帰国の際に必要なPCR検査の小さなトラブル

2022年6月1日から大幅に帰国の際の水際対策が緩和されます。これから新株が流行らない限り、もっと緩和する方向へ進む事を期待します。

一点、厄介な点が。

それが、日本が指定するPCR検査のフォーマット。原則、下記の様式で無いと、普通の陰性証明書では日本は受け付けません。

日本が指定するフォーマット
日本が指定するフォーマット

ところが、筆者が滞在していた南アフリカでは、このフォーマットに従うのがネックでした。数カ所の医療機関に問い合わせしても、現地の様式であれば対応するが、日本のフォーマットには対応ができないと。プレトリアにある日本大使館にわざわざ対応が可能な医療機関を問い合わせし、紹介頂いてやっと辿り着く事ができました。

ちなみに、筆者がお願いしたのはTravacというヨハネスブルグの医療機関。アプリのWhatsAppから問い合わせて、速攻返信が来ました。番号は+27-78-802-7311。検査はホテルや自宅まで来て行います。料金は日本指定の陰性証明書込みでZAR 650(約5,200円)と非常に良心的でした。夕方4時に検査をして、翌朝10時までにはメールで証明書を受領しました。

陰性証明書が発行されたら、次は、MySOSアプリで必要書類を2点アップロードします。

*ワクチン接種証明書
*陰性証明書

これが完了すれば、数時間以内にアプリの色がOKサインの緑色に変わります。そうすれば、安心して日本に帰国ができます。チェックイン時に、担当者にアプリを見せられ、緑色になっているか確認されました。

アプリの色が緑色に変われば安心
アプリの色が緑色に変われば安心

<まとめ>

日本と比較的交流の深い南アフリカの様な発展した国でも、日本の様式には対応していないとPCR検査を拒否された事例があるので、あまり日本への渡航者が少ない地域だったら結構面倒臭いと思います。せめて、陰性証明書についてももっと緩和されれば、帰国がしやすいのですがね。。。まぁそのうちそうなるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top