インドの現地食材のみで日本食調理は可能?

まだデリーの新しい家に引っ越してきてから間も無いのですが、一点気づいた事が。。。

筆者の普段の食事は基本自炊なのですが、日本から持ってきた調味料を中心とした食料品、ほぼ手付かず!唯一封を開けたのは粉末の出汁と中濃ソースぐらい。これらも、別に代用をしようと思えばできました。

何と言ってもアラハバード有機農業組合(AOAC)大和屋さんのお陰です🙏

まず。。。今はインドでインド産のあきたこまちや、有機味噌がゲットできる時代!

AOACではこの他低農法もしくは有機農法で栽培された様々な種類の日本米や味噌(赤・白両方)、ヒマラヤ岩塩を使用したオリジナル醤油や上新粉や乾燥ごぼうなどの加工食品も製造。嬉しいのは、インド各地へ宅配してくれる事です。

AOAC産のあきたこまちとひよこ豆の生味噌
AOAC産のあきたこまちとひよこ豆の生味噌

大和屋ではこれらのAOAC産の一部商品が置かれていますし、外ではあまり見かけないインド産の日清カップ麺やレトルトカレー、冷凍水牛肉、ヒマラヤ岩塩、ブルートカイのコーヒー豆など、一般的に日本人好みの食材を全て凝縮している感じです。もちろん、関税で高い値段設定になっていますが日本からの輸入食材も。

さて、主題のインドで日本からの食材無しで日本食が作れるか?試してみました。

ほぼインド食材でチキンハンバーグ定食
ほぼインド食材でチキンハンバーグ定食

チキンハンバーグ定食です。

結果から言うと、可能です。チキンハンバーグは、チキン挽肉、玉ねぎ、卵、パン粉(インド産)、ヒマラヤ岩塩、ナツメグをこねたもの。AOAC産のあきたこまち。味噌はひよこ豆の白味噌に、ベビーコーンと舞茸もどきのキノコ(INAマーケット購入)。味噌汁の出汁は今回は日本から大量に持ってきた粉末だしを使用していますが(反則じゃないのかい!)、今度はインドでもよく販売されているベジタブルもしくはチキンキューブを使用してみようかと思います(カレー風味になりそうですがw)。

ソースも反則で日本から持ってきた中濃ソースを使用してしまいましたが、今度はHPソースで代用してみようかと思います。HPソースはイギリスの王室御用達で大変ポピュラーな調味料で、酸味の効いた茶色のソース。これをケチャップと混ぜてみてみよう。不味かったら後ほど反省会します(笑)。

まとめ

完全な100%な日本の味にはならないかもしれませんが、インドの現地食材だけで日本食を作るのは今ではハードルが高くありません。もちろん、麺つゆとかになると流石にみりんや日本酒が必要になってくるので、この辺りは日本からの食材に頼らなければならないですが。

因みに、醤油に関しては今ではインド産のキッコーマンが入手できます。

おまけ

インドはトマトが安い!なので、贅沢にトマトだけを使用したトマトソースが気軽に沢山作れます。

すしまる特性トマトソースパスタ
すしまる特性トマトソースパスタ

タンパク質補給のためにツナ缶とゴーダチーズ(共にインド産)をたっぷり入れて食べます。フォークを使うとチーズがくっつきやすく、洗い物が大変なので箸で。サラダはドレッシングを使用せず、ヒマラヤ岩塩、レモン、オリーブオイルのみ。

自炊飯が一番だー!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top