やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。

また、このホテルの素敵な部分はスタッフサービスだけではなく、落ち着いた雰囲気。内装や調度品は一つ一つにこだわりがあり、クラシックとモダニズムが調和したデザイン。冗談抜きでホテル内に居るだけで心が洗われるような感覚(おい、大袈裟すぎるぞ。。。汗)。

詳しい説明は、以前の記事に。

2017年8月22日:インドを旅行するならインド系列のホテル泊まるのがベスト!

2017年8月23日:タージとオベロイブランドの違い

先日、幼馴染の両親にザ・オベロイ・ニューデリーにご招待頂き、食事やドリンクを一緒にしました。

ザ・オベロイ・ニューデリー外観
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

まず、ホテルのエントランス。オベロイ名物の巨大な花束(もちろん本物)が出迎えてくれます。

シンプルでエレガントなロビー
シンプルでエレガントなロビー

今回は入口のすぐ右側にある、会員専用のラウンジへ。昔は誰でも入れるラウンジだった場所です。まだ幼い頃、父親によく連れてこられた思い出がある場所。あ、会員なのは平民の筆者では無く、IT企業社長の幼馴染父様ね。。。

会員専用のラウンジ
会員専用のラウンジ

土曜日の夕方だというのに、ラウンジは貸切状態。やはりコロナ禍の影響を未だにもろに受けている様です。

ラウンジで少し飲み物とスナックをつまんだ後は奥の多国籍料理のレストラン、360°で夕食。インドの式たりでは、夕食までが時間が長いので注意。まずはアルコールや飲み物でスタートしてお話タイム。ここであまりおつまみ食べ過ぎて腹が一杯にならないように(笑)。これはインドの典型的な結婚式でも同じストーリー。

オブジェの前で記念撮影
オブジェの前で記念撮影

その前にロビーのトイレを拝見しましょう。

男性トイレ
男性トイレ

この清々しさ!そして、わざわざ便器の前にはマットが!この埃っぽい土地を歩いた靴で正直踏みたくない(笑)。前の絵でも楽しみながら用を足せます。

男性トイレ
男性トイレ

トイレの洗面台付近には椅子とテーブルが。ここで商談でもしますか?正直、ここに座って誰か待つの、超落ち着かないんですけど。。。(笑)

さて、360°(スリーシックスティー・ディグリー)での食事。メニューは常連の幼馴染母様にお任せ。メインは南インド風のチキンチェッティナードカレー、じゃがいもとグリーンピースの野菜カレー、豆のダール、あとは付け合わせ各種。

360°のカレー
360°のカレー

見た目、普通のカレーに見えますが、程よい辛さ、甘さが混ざってマイルド。とっても美味しかったです(オベロイは基本、料理もレベル高い)。

360°のバー
360°のバー

夕食がスタートしたのが夜9時前後、終わったのが夜10半時前後。

これでさよならかなぁ?と思ったら、お父様がルーフトップバー、夜景綺麗だから行ってみる?と言われて、拒否できませんでした。

そして景色はこんな感じ。

屋上からの景色
屋上からの景色

ザ・オベロイ・ニューデリーはデリーゴルフコースの真横。緑地に囲まれて、とても人口1,900万人の都市の中心部に居るとは思えません。

ちなみにこの辺りの土地の価格、10年程前は銀座の一等地と同等でしたが、今はどうでしょう。

屋上からの景色
屋上からの景色
ルーフトップバー
ルーフトップバー

落ち着いたルーフトップバー。ここでお父様は葉巻を吸われて(各種メニューあり)雰囲気を出しておられました。お母様と自分はカクテルを。11:30頃、おひらき。

まとめ

オベロイホテルは本当に素敵!インド旅行する時、少し予算に余裕があれば一度は宿泊をして頂きたいです。もしくは、食事を楽しみに。個人的には日本にもいつかこないかなぁーと願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

虫除け

インド土産確定:蚊除けローラー

うちの猫はベランダが大好きなのですが、手すりから近所へジャンプされては困るので(写真の通りインドの家は隙間無しに隣同士の建物がピッタリくっついています)、いつも横で見張っています。 ただ、モンスーンが

もっと読む>
デリーの電気代請求書

電気代の請求額に超驚き!

4年ぶりにデリーに戻り、新居に引っ越してから先日初めて1ヶ月分(6月18日〜7月19日)の電気代の請求書を大家からもらいました。 金額は。。。 Rs. 14,660 え??インドルピーだよね?日本円じ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top