ターキッシュエアラインズA330-300ビジネスクラス搭乗記:イスタンブール→デリーその2(機内編)

今まで訪れたビジネスクラスのラウンジでは一番豪華だったイスタンブール空港のラウンジを満喫した後はいよいよ楽しみの機内。

機材は新型のA330-300機です。

ビジネスクラスでは180度水平になる、フルフラット席です。

ロゴ
ロゴ
座席2A
座席2A
前との広さもこんなにあります
前との広さもこんなにあります
ターキッシュ A330 ビジネスクラス
機内の様子
ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク

チョイスはレモン・ミント、オレンジ、ラズベリーです。

レモン・ミントのジュース
レモン・ミントのジュース
アメニティー・キット
アメニティー・キット
先ほどのアメニティーキットをオープン
先ほどのアメニティーキットをオープン
シートの操作パッド
シートの操作パッド
コントローラー
コントローラー
シートテレビ
シートテレビ
そろそろ夕暮れ時
そろそろ夕暮れ時

定刻通り、19:55にデリー行きのフライトが出発しました。デリーは5時間55分後のインド時間早朝04:20に到着予定です。

滑走路を走るターキッシュB777-300ER機
滑走路を走るターキッシュB777-300ER機
夜のイスタンブール
夜のイスタンブール
離陸後のトルコ菓子(ロクム)サービス
離陸後のトルコ菓子(ロクム)サービス
メニュー
メニュー
夕食のトレイ全体
夕食のトレイ全体
トルコ風前菜
トルコ風前菜

ここで。。。すべて前菜は全てベジという事がショック。マレーシア航空もそうだけど、ベジタリアンを考慮してインド線では野菜オンリー。寂しいですね。せめて、ベジとノンベジのチョイスが欲しいです。行きのサウディア航空ではしっかりシーフードが選べたのに。味は美味しかったです。

サラダ
サラダ
メインはラム肉のチョップ
メインはラム肉のチョップ

肉は柔らかくてとても美味しかったです。さすがDo&Coのケータリングだけあります。

チーズ各種
チーズ各種
マンゴー・パンナコッタ
マンゴー・パンナコッタ
ターキッシュ・コーヒーとベイリーズ、そして杏のドライフルーツ
ターキッシュ・コーヒーとベイリーズ、そして杏のドライフルーツ

夕食後、3時間ぐっすり寝ました。やはり斜めフラットと違い、水平はしっかり寝れます。

完全水平状態
完全水平状態
快適!
快適!
気がついたらデリーに着いていました
気がついたらデリーに着いていました

荷物受け取り場ではプライオリティー・タグが付いていたにも関わらず、結構最後の方でした。こうした点、アジア系の航空会社の方がしっかりしていますね。

<ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の総合評価>

スタッフのサービスも全体的に良く、ラウンジはとても良い、機内食も美味しいです。デリー路線のシートがフルフラットになるのは得点がアップですね。

ただ、デリー線は5時間以上あるので、デザートをワントレイで出さず、ちゃんと食後にチーズなどと併せて持ってきてくれると更に印象が良くなります。デリー空港で荷物が結構あとになった事も気になりました。

イスタンブール⇔日本線になるとデザートも何種類からカートから選べるそうで、一度試してみたいですがデリーから行くことかなり遠回りになるのと料金が高い事から、いつ機会がある事やら。

でも、もう1回乗りたいのは確かです。サービス面にかなり力を入れていると思います。

記載し忘れましたが、ターキッシュエアラインズを利用してイスタンブール空港で長いトランジット時間がある時、エコノミーの乗客でも無料のトルコ料理の昼食付きのイスタンブール市内観光が提供されます。1日3つほどプランがあって、半日と1日が選べます。

観光に興味が無ければ、10時間以上のトランジット時間があった場合には無料でホテルが提供されます(ビジネスクラスの場合は7時間以上)。ただし、これはあくまでその他に便が無く、止む負えなくトランジットが長くなってしまった乗客のためにあり、もっと乗り継ぎ時間の短い便があるのにわざとトランジットを長くした場合は提供されない様です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top