アルナーチャル旅行その9:透明度高い大河でラフティング!

そろそろ旅行最終日。

最終日は、パシガートからラフティングを楽しみました。同行メンバーは同僚1名の他、3名の現地協力会社スタッフ。

ラフティングはリシケシュでも3回程体験しましたが、ここアルナーチャルが凄いのは大自然のスケール。元々観光客が多く来る場所では無いので、他に観光客がいなければ、人口自体も少ないので景色を独占し、静寂な雰囲気を楽しめます。

僕たちがしたラフティングは下流の方で、時間が数時間しか無かったため街の外れから平野に向けて漕ぎました。川幅がどんどん広くなっていき、途中自然保護区の中も通ります。

真冬でしたが、日中は30度近く暖かいです。また、遠くには雪を抱いたヒマラヤ山脈も見えます。雪山を見ながらのラフティングはとてもユニークでした。

真っ白な砂浜からスタート
真っ白な砂浜からスタート
波も緩いです
波も緩いです
雪山を眺められながらラフティングを楽しめる
雪山を眺められながらラフティングを楽しめる
インド アルナーチャル ラフティング
水はこんなに透明!
地元の漁師たち
地元の漁師たち

密林の中を4時間程漕ぎました。かなり、腕が疲れました(笑)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top