ホーチミン市滞在記その2~夜の娯楽と難易度高い道路の渡り方

クック・ガック・クアンで夕食を満喫した後はY君のバイクでホーチミン市内を散策。

<夜の娯楽>

ベトナムはバイクがとても車に比べると多いです。これは昔からですが、経済成長が著しい今でもやっぱり庶民の足はバイク。このバイクで目抜き通りのドンコイ通りやサイゴン川沿いをドライブし、僕の泊まっているゲストハウスのあるファン・グー・ラオ地区へ。

夜の娯楽。とは言っても、風俗的なものでは無く、ただ普通に酒を飲むだけです(笑)。ファン・グー・ラオでは看板娘が立っているオープンバーがいくつかあり、店の外に向けて椅子が並び、外国人もベトナム人も酒を飲みながら会話を楽しんでいます。

ベトナムは社会主義国で、タイの様に「夜の遊び」にはあまりオープンでは無いようです。が、お酒は沢山飲めますし、安い!Y君とビール、カクテル等思いっきり飲んで2人でUSD 35でした。

Y君のバイクから
Y君のバイクから

ところで。。。ホーチミンには日系のコンビニが沢山あります。一番多いのはファミリーマートで、ミニストップも見かけます。一人当たりの国民総生産はインドより低いですが、生活水準は平均的にみて明らかにベトナムの方が高いという印象です。これらは次のブログ記事でベトナムの印象に付いて触れたいと思います。

ミニストップ
ミニストップ
ファン・グー・ラオにあるゲストハウス。 細長いw
ファン・グー・ラオにあるゲストハウス。細長いw
ベトナム 夜 娯楽
こんな感じの飲み屋が並びます

<道路の渡り方>

ベトナムへ来て絶対日本人が戸惑う事ナンバー1は道路の渡り方だと思います。バイクがひっきりなしに走るベトナムの都市の道路はすごく大変。信号が無い交差点が多く、道を渡るのに一苦労です。僕も高校生の頃ハノイで単身駐在をしていた親父を訪れに行ったとき、バイクにぶつかりそうになってバイクのお姉ちゃんに思いっきり道端で怒鳴られた経験があります。

コツは:

①絶対に走らない。ぶつかりそうになっても。ゆっくり横断する。

②走行してくるバイクや車の運転手とアイコンタクトを取る。そうすると、避ければよいのか渡れば良いのかわかる。

③バイクの通行量が多い場合には1つバイクを超えたら一時停止(道路の真ん中で)し、次のバイクとまたアイコンタクトをして進めばよいか決める。

ベトナムの道路には気を付けて下さい!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top