デリー・ローカルバスの乗り方

日本やシンガポール等、バス停でしか乗れないバスと違ってインドでは普通に通りかかったバスに手を上げれば止まってくれます。また、降りたい時も運転手にそこストップ!と声を掛ければ、降ろさせてくれます。

インドの市内路線バスは危険!と言うイメージがありますが、でかい分、逆に安心です。一般的に車の運転マナーが日本より荒いので、でかいバスだったら他の車とぶつかっても、被害は大きくありません。少なくても、オートリクシャ(オート3輪タクシー)よりは安全でしょう。

とは言いながらも、路線を把握していないので、市内バスはあまり僕も利用しません。たまたまオートリクシャを中々捕まえられない時に、バスが通りかかって近所の通りから大通りの出口まで利用する事はあります。

バスに乗ったら、まず切符を買わなければいけませんがデリーはなんと車掌がドア付近の乗客用の座席に重い腰を置いて乗客はそこへ払いにいきます。常識的に考えると車掌が車内を動くのはどこでも当たり前なのに、デリーでは動かない。しかも、混んでいても乗客用の座席に2席堂々と使用してるし(笑)。以前バンガロールに住んでいた時、バンガロールではちゃんと車掌が車内を移動していました。デリーは首都だけあってやっぱり役人根性なのかなw。

バスの種類は、エアコン付きバスとエアコン無しバスがあり、エアコン無しバスは昔ながらの車高があるオンボロのやつと、新しいのは車高が低いやつです。エアコン付きは新しいので、皆車高が低いです。料金は、エアコン無しが初乗りRs. 5。エアコン付きはその2倍。

車内の様子(昔ながらのオンボロバスの)
車内の様子(昔ながらのオンボロバスの)
デリー バス 乗り方
でも車内は比較的清潔

路線さえ把握していれば、バスに乗ってみるのも面白いかもしれません(混んでいなければ)。

一つ難点なのは、乗る時、バスが半分走りかけている場合がある事。下手してうまく手すりを捕まらなかったら、道路に転んでしまいます。あとどうなるかは想像にお任せ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top