お得な運賃やマイルを活用してビジネスクラスに乗る事とは

自分で言うのも変ですが、僕はビジネスクラス運が強いです。

ビジネスクラス運って何?勝手に作った言葉ですが、それは、お得な価格やファーストクラスシートに乗る事ができて、既に現在では同じ料金や機材で乗れないのもばかり。ちなみに、運が強いと言っても、エコノミーのチケットで無料アップグレードが提供される訳ではありません(これが本当の強いビジネスクラス運ですがw)。

そもそも、自分の実費(給料)でビジネスクラスに乗り始めたのは、2年前から。それ以降、ビジネスクラスにはまってしまい、安いビジネスクラスの航空券を掘り出して国際線を楽しんでいます。

この2年間の間で乗ったビジネスクラス路線は以下の通り:

①2014年1月:タイ国際航空(バンコク→デリー)

→貯めたマイルでアップグレードしました。当時はB747-400機材で運航しており、この機材には長距離用ファーストクラスが搭載されていましたが、デリー線ではファーストクラスの料金設定が無いので、この部分はビジネスクラスとして開放されています。運よく、このファーストクラスシートに乗る事ができ、それは最高に快適でした。やはりファーストクラスとビジネスクラスの快適度は全然違います。でも、この機材は間もなくデリー便から消えました。

タイ国際航空のファーストクラスシート
タイ国際航空のファーストクラスシート
タイ航空 ビジネスクラス:タイ国際航空のファーストクラスシート
タイ国際航空のファーストクラスシート

ちなみに、このB747-400機材は現在ムンバイ線に導入されています。5月24日までは機材がミックスしますが、2016年5月25日~10月29日までは毎日この機材が導入される予定なので、前方10席限定のシートのどれかを確保できれば、上記のシートでかなり快適に旅行ができます。タイ国際航空はインド発タイ行きのビジネスクラス運賃が安価なのもプラスです。

②2014年5月:マレーシア航空(デリー→KL→成田→KL→デリー)

→これも、アメリカ留学時代に貯めまくったデルタ航空のマイルで無料特典航空券をゲットしました。このチケットを発券したのが2013年の11月なのですが、当時往復70,000マイルで発券できたこの航空券、マイレージプログラムの改悪により、発券した直後にいっきに110,000マイルまで上がりました。良かった、ぎりぎり間に合って。そして、数か月後はマレーシア航空との提携解消で航空券はゲットできなくなり、タイミングも良かったです。

マレーシア航空のビジネスクラス
マレーシア航空のビジネスクラス
マレーシア航空のビジネスクラス
マレーシア航空のビジネスクラス

マレーシア航空のビジネスクラスは今まで乗った航空会社の中で一番クルーのサービスが良かったです。ちょうどこの時2つの大事故の間だった事もあり、つらい時だったと思いますが、それでもプロの精神はちゃんと見せていました。他の航空会社のモデルになってほしいです。

③2014年8月:サウディア航空(デリー→リヤド→カイロ)

→購入当時、料金がなんと片道日本円で4万円弱。しかも、4時間と2時間のフライトの組み合わせ。ちゃんとしたビジネスクラスで、エコノミーより料金差は5,000円ぐらいでした。セールでは無く、元々すごく安い料金設定でしたがこのチケット購入してから間もなく、4倍弱へ値上がり(これがビジネスクラスの料金的に妥当)。スカイチームなのでデルタ航空へのマイルにも加算できて、良い買い物でした。フェラガモ製のアメニティーセットももらって気分は最高!

とても美味しかったビリヤーニ
とても美味しかったビリヤーニ
シートも斜めフラットでそこそこ快適
シートも斜めフラットでそこそこ快適

④2015年4月:エティハド航空(カトマンズ→アブダビ→成田→アブダビ→デリー)

→反対周りの一時帰国ですが、これがまた日本円で約16万円で全区間ビジネスクラスでした。デリーではBMWの7シリーズでの無料空港送迎が付き、至れり尽くせりの体験。このルートは、当時カトマンズ⇔成田の往復運賃が最安値クラスでとても安く、そして成田⇔デリーの往復もセールを実施してその半額ずつを組み合わせたものです。今では、カトマンズ発も若干値上がりし(それでも安いですが)、成田発デリー行きはセールが終わって3倍以上の値段になっているので、事実上購入値段でもう一度試すことはできません。これはかなり運が良かったです。

エティハドのビジネスクラス
エティハドのビジネスクラス
エティハドのビジネスクラス
エティハドのビジネスクラス

⑤2016年5月:オマーンエア(デリー→マスカット→ミラノ;カイロ→マスカット→デリー)

→そして、来月の一時帰国第1弾はオマーンエアのビジネスクラス。前代未聞のセールにより、事実上エコノミーより安い値段でビジネスクラスチケットを購入しました。往復で10万円以下です。

⑥2016年5月:オーストリア航空(成田→ウィーン)

→同じく、来月一時帰国のハイライトですが、なんと27年間も続いていたウィーン⇔成田線がこの秋から廃線になります。オーストリア航空のビジネスクラスはDo&Coと提携してとてもハイレベルな機内食を提供される事で有名で、是非試したいと思い、今回わざわざカイロに行ってから日本へ帰ると言うルートを選択しました(カイロ発のビジネスクラスチケットが安価なため)。当初こんなルートで帰るなんて馬鹿らしいと思いましたが、廃線と知ると最後のチャンスとしてこのルートは正解でした。オーストリア航空は長距離路線があまり強くなく、アジア路線だと成田、北京、上海、バンコクだけです。その中で日本路線唯一の成田便が廃止されるとなると、乗っておかなければいけないと思います。

<まとめ>

ビジネスクラスは決してすべてが「高値の花」ではありません。通常料金は確かに高いですが、現在エコノミーは料金がどんどん安くなっていき、ビジネスクラスは豪華になって料金が高くなっていく傾向があります。航空会社もどんどん値上がりするビジネスクラスに客離れが出てきて大セールを実施して客を集めるという手段をとっている事が多くなっているかと思います。

もしマイレージ利用の場合は、現在各航空会社で改悪化(=特典航空券をゲットするためにもっと多くのマイルが必要になる)が進んでいます。もし、マイルが十分に貯まっているのであればそれは取っておかず、早く使うべきです。通常、航空会社も事前報告なしで改悪はせず、数ヵ月の期限を設けますので、この間に特典航空券へ変えるべきです。場合によっては、え、こんなに少ないマイルでビジネス・ファーストクラスの無料航空券ゲットできちゃうの?と言う事もあります。こういうのはすぐに改悪されてしまうので、お得だと思った時にすぐに変えてしまいましょう。

一点注意しなければいけないのはセールのビジネスクラス運賃はキャンセル返金無しで変更代が高いという場合が多いので、これはしっかり確認しなければいけません。

好きな事を研究していれば、自然に運は付きます!掴めるチャンスはすぐ掴みましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top