タイ国際航空B777-200ビジネスクラス搭乗記:クアラルンプール→バンコクその1(地上編)

クアラルンプール国際空港(KLIA)のチェックインカウンターには11:20頃の到着。予定出発時刻は13:05です。チェックインの手続きはとてもスムーズで対応も良かったです。

タイ国際航空チェックインカウンター
タイ国際航空チェックインカウンター
搭乗券
搭乗券

大型機の出発は大抵サテライトターミナルから。無人シャトルシステムでサテライトへ向けて移動です。

リージョナルターミナル
リージョナルターミナル
サテライト
サテライト

KLIAは日本人の建築家黒川紀章氏によって設計されました。「森の中の空港、空港の中の森」をイメージしてデザインされとても奇麗です。

KLIAサテライトターミナル全景
KLIAサテライトターミナル全景

「空港の中の森」であるKLIAジャングルボードウォークは改装工事中でした。

熱帯雨林を体験できる中庭
熱帯雨林を体験できる中庭
シルクエアー
シルクエアー

KLIAにはタイ国際航空専用ラウンジがあります。

TGラウンジ
TGラウンジ
TGラウンジ
TGラウンジ

中は結構広いです。ハブ空港で無いのに、1日2便運航するだけの航空会社でこれだけの広さがあるのは驚きです。

クアラルンプール空港 タイ航空 ラウンジ:TGラウンジ
TGラウンジ

このラウンジにはタイらしさがあります。タイの民芸品の壺や皿がディスプレイされていたりしています。

タイの民芸品ディスプレイ
タイの民芸品ディスプレイ
バスルーム
バスルーム

ラウンジにはVIPエリアがありました。誰が使用できるんですかね~。専用トイレもありました。

VIPエリア
VIPエリア
ラウンジから眺める景色
ラウンジから眺める景色

気になる食事コーナー。正直、バンコク空港のロイヤルシルクラウンジよりも食事は美味しかったし品数も多かったです。

ビュッフェエリア
ビュッフェエリア

ホットミールは魚のアジア風味、豆腐とボロッコリーの炒め物、トマトソールのスパゲティーと白米でした。他に、ヌードルチョイスがあって本日のは「東洋風味噌ラーメン」。ちょっと冒険っぽかったのでこれはチャレンジしていません(笑)。

アジア料理
アジア料理
スパゲティーと白米
スパゲティーと白米
東洋風味噌ラーメン
東洋風味噌ラーメン

スープもありました。肉骨茶と甘い煮豆のデザート風スープ(?)です。

スープ
スープ
サンドイッチ、ケーキ、サラダ
サンドイッチ、ケーキ、サラダ
カップヌードルやコーヒーメーカー
カップヌードルやコーヒーメーカー
アルコール類
アルコール類
飲み物
飲み物

大好きな菊花茶があります!

ラウンジ飯
ラウンジ飯

ホットミールはどれもとても美味しかったです。パスタ好きとしてはこのスパゲティーが良かった!でも炭水化物ばかりでこれからの機内食も楽しめなくなるのも嫌なので、控えめにしました。甘い豆のスープも美味しかったです。バンコクの本家ラウンジもこれぐらいのクオリティーだったら良いのに。

ゲートへ直行します。

予定搭乗時刻になっても、アナウンスはありませんでした。また、飛行機も到着されていなかったので、これは遅延の予感が。

13:05の出発予定ですが、飛行機が到着したのは12:30頃。搭乗開始は13:00頃に始まりました。

いよいよ機内へ!
いよいよ機内へ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top