4.5万円でANAとシンガポール航空のビジネスクラスに乗る

時は昨年11月末。

記事にしたかったのですが、バリ島に居た時だったので余裕がありませんでした。

その時、エーゲ航空の会員になってマイルを購入すると、100%のボーナスマイルが貯まるというセールを2日間だけ実施し、これは購入しないと勿体ない!と思いました。

バリ島のホテルでネット環境があまりよくない中、何とかスマホで一生懸命2時間ぐらいかけて購入しました。いや、本当はパソコンからだったらもっと簡単だったのだけど、デビットカードの最終画面でパスワードを設定していなかったため何度も試しても通らず、結果的に違うカードで。

何が良かったかというと、エーゲ航空のマイルはかなり少ないマイルで日本と東南アジアの特典航空券をゲットできてしまうのです。ビジネスクラスで。

まずは特典航空券に必要なチャートを見てみましょう。

エーゲ航空マイルのチャート
エーゲ航空マイルのチャート

赤色の囲いが日本が属する極東地区。これは東南アジアと北東アジアを含めた地域で、北はモンゴルから南はインドネシアまでを指します。

注意してほしいのは極東地区内。数値は往復ですが、片道の発券でも可能です。片道だと丁度往復の半分。

極東地区内の特典航空券(片道)
エコノミー:12,500マイル
ビジネス:21,000マイル
ファースト:40,000マイル

マイルの料金ですが、エーゲ航空では1,000マイルが25ユーロ(約3,200円)。ただ、このボーナスセールでは100%のボーナスマイルが付くので2,000マイルで3,200円。しかも、会員になるだけで2,000マイルのプレゼントが付与されます。

僕が目を付けたのは、日本から東南アジアの路線をビジネスクラスで片道2回。既に会員になっただけで2,000マイルがあるので、あと必要なのは40,000マイル。と言う事は、 3,200円 × 20 = 64,000円 で、日本と極東アジアをどこでもビジネスクラス片道2回も乗れてしまうのです!

さて、エーゲ航空は何航空の特典航空券がゲットできるのでしょう。

エーゲ航空はスターアライアンスなので、極東アジア内など以下の航空会社が適応されます。

〇ANA
〇アシアナ航空
〇中国国際航空
〇EVA航空
〇タイ国際航空
〇シンガポール航空

等。

ANAの場合、最安値のエコノミーとほぼ同等料金でビジネスクラスに乗れちゃいます!

ただ、実際特典航空券を予約する際には燃油サーチャージや諸税が発生します。ビジネスクラスだと片道あたり大体13,000円ぐらい。

今回、僕がこれを最大限に活用できたのは、以下の特典航空券。4月の南アフリカ出張の際には日本発の航空券が高かったので、シンガポール発で購入する事に。その際に、日本からシンガポールまでの移動手段としてこのエーゲ航空経由でビジネスクラスのチケットを発券しました。

エーゲ航空 マイル:ルート
ルート

羽田→ジャカルタをANAの最新機材787-9で、そしてジャカルタ→シンガポールもシンガポール航空の新しいタイプのA350で。両方ともフラットシート。両方乗って、諸税含めて4.5万円です。

シンガポール航空787ビジネスクラス
シンガポール航空787ビジネスクラス

マイルを購入したらエーゲ航空のホームページから特典航空券の予約が可能です。

発券後、ANAのホームページへ行ったらしっかり詳細が反映されていました(上記画面通り)。ここで座席指定を。

実際にこれを普通のチケットとしてANAのホームページで購入するとしたら、416,920円。9倍の違い!

チケットを購入する場合の料金
チケットを購入する場合の料金

エーゲ航空のマイルセールはアラスカ航空やアビアンカ航空と異なりあまり無いですが、セールが無くても諸税含めて86,000円で東南アジアまで片道ビジネスクラスに乗れてしまうのでそこそこお得ではあります。特にANAのビジネスクラスに乗る場合は。

ちなみに、もう一つの片道は父親のバンコク出張の際に羽田→バンコクをタイ国際航空のビジネスクラスで発券しました。父にとっては10年ぶり近い国際線のビジネスクラス。ちょうど今日乗ってバンコクから「機内食のタイ料理が美味しかった!」と連絡があったので久しぶりのビジネスクラスに乗れて何より。

この、マイルを購入してビジネスやファーストに乗る方法、最強です。ANAやJAL含めて殆どの航空会社ではこれができませんが、エーゲ航空始めて先ほど記載のアラスカ航空やアビアンカ航空で、会員になった0マイルの状態からでもマイルの購入が可能になります(ただし、購入できるマイルの上限あり)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top