動物と人間が共存する世界

インドに暮らしてホッとする事は、動物と人間が共存している事。大都会のデリーでさえ、これがあてはまります。

デリーにあるオベロイ系の高級ホテル、メイデンズの敷地。

テラスのレストランで寛いでいたら、一羽の野生の孔雀が現れました。

突然現れた野生の孔雀
突然現れた野生の孔雀

レストランに居た客は興奮して撮影していました。店員は追っ払うどころか、シェフがやってきて餌を与えていました。あ、だから人間に慣れていたのね。

オベロイ系ホテルの敷地
オベロイ系ホテルの敷地

ほのぼの。

デリーのど真ん中にあるレストランや商店のある商業地帯でも、この様に餌と水が入った皿が用意されていました。

餌が与えられている野良犬
餌が与えられている野良犬
餌が与えられている野良犬
餌が与えられている野良犬

近所の公園でも:

野良犬に餌を与える女性
野良犬に餌を与える女性
猿に餌を与える男性
猿に餌を与える男性

お陰で、朝ジョギングして猿が沢山周りに居ても気にならないし、逆にカメラポーズまでしてくれるから愛嬌たっぷり❤️

左の小猿の表情に注目
左の小猿の表情に注目
「バーン!」
「バーン!」

そして住宅街でも、野良犬がしっかり車の屋根に居座っています。この車、お陰で屋根が凹んでいるけど、持ち主は気にしない様子。

屋根の上で寛ぐ野良犬
屋根の上で寛ぐ野良犬

今は寒い冬。これから、路上のワンちゃんはセーターを着させてくれる季節です。

まとめ

近所の野良犬は体格が良く、場合によってはとても肥満。それだけ、人間から餌を与えられています。ヒンドゥーの神話で多くの動物が神の使いになっているので、納得いきます。でもね、猫だけはあまり見かけないんですよね。ベジタリアンが多いので、人間が猫に与える餌って限られてしまうし(前路上で猫にビスケットを与えている人居ましたが。。。猫は肉食だよ!)。あ、でもうちの猫はチャパティ食べるか。。。野良時代の名残で(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top