デリー最古の秘境エリアを散策

さて問題。

デリーで一番歴史が古いエリアはどーこだ!

ヒント:オールドデリーじゃないよ!

正解:メヘローリー(Mehrauli)だよ!

オールドデリーが栄え始めたのは1648年、ここメヘローリーは700年代。実にオールドデリーよりも1,000年近く古いエリアです。

どこ?と疑問に思った方、世界遺産クトゥブミナールがその代表する遺跡です。そこに隣接する地域一帯がメヘローリー。いつも訪問客でごった返すクトゥブミナールの裏にも結構味のある遺跡が多いのに、整備があまりされていないせいか、秘境感まるだし。しっかり整備されればしっかり観光地入場料で賑わえるポテンシャルの高いエリアです。

クトゥブミナールはメヘローリーを代表する遺跡
クトゥブミナールはメヘローリーを代表する遺跡

今回、幼馴染の同僚でニムラナに住まれている方がまだインド来て一度も観光をされていないとの事で、案内をしました。

個人的にも、2013年以来ていなかったのでどう変化したかとても興味がありました。

まずは地図で場所を確認しましょう。

メヘローリーの全体地図
メヘローリーの全体地図

デリーとグルグラームを結ぶMGロード脇沿い。実際のメヘローリー地区は細い路地が密集しているので、車で中に入れない事無いですがとてもごちゃごちゃしています。オールドデリーの様な感覚。

歴史的な見所はとても豊富ですが、同時に整備があまりされていない森の中を歩いたりするので、

一人での散策はお勧めしません。

今回は1日で世界遺産フマユーン廟、世界遺産クトゥブミナール観光をニムラナから日帰りで行ったため、メヘローリーでは主要3ヶ所だけ周る事にしました。大体2時間ぐらいです。

今回辿ったルートはこちら。

今回のコース
今回のコース

赤色は全て徒歩で。車では回れません。車は、クトゥブミナールの大型駐車場に停めました。

①ジャマリ・カマリ霊廟

ジャマリは1500年代に中東からインドで活躍した詩人で、ロディー王にも気に入られていました。入口はモスクになっていますが、その右側には小さな白い建物があり、そこが霊廟。ジャマリの隣に眠るカマリはその詩人の愛人(同性)だったと言われています。

何と言っても素晴らしいのが、デリー。。。いや、インドで最も美しいブルーのモザイクタイル。当時からほぼ手付かずで残されているとされています。生憎、現在では中に入る事はできず、鍵が掛かっていますが、後ろの小窓から何とかその鮮やかさが確認できます。

ジャマリ・カマリ霊廟内
ジャマリ・カマリ霊廟内

こちらは、2013年に訪問した時に撮影した時の内部の写真。

ジャマリ・カマリ霊廟内の美しいタイル
ジャマリ・カマリ霊廟内の美しいタイル
ジャマリ・カマリモスク
ジャマリ・カマリモスク

上記も2013年に撮影ですが、今と何も変わっていません(笑)。右側の白いエリアが、霊廟の敷地です。

ジャマリ・カマリモスクに居たワンちゃん
ジャマリ・カマリモスクに居たワンちゃん

②ラジョーン・キ・バオリ

バオリとは階段井戸の事。1506年に建造されたとされています。

生憎、2022年11月時点では、地下水から湧いてきた水で井戸は一杯になってしまい、見た目はただの貯水タンクになってしまいましたが。。。

ここは鍵が掛かっているので、門番に開けてもらって見学します。

ラジョーン・キ・バオリ
ラジョーン・キ・バオリ

見た目、ただの池ですよね。。。

水が無い場合は、こんな感じです。こちらも2013年撮影。

水の無い時
水の無い時

写真だと判断しにくいですが、手前は階段状になっていて、下まで降りる事が出来ます。

水の無い時
水の無い時

③クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキー(通称メヘローリー・ダルガー)

1173年〜1253年に生きていたスーフィー(イスラーム)聖者の墓。とても活気があります。ここは遺跡では無く、今でも信仰の対象として活きているので面白いです。

生憎、女性は霊廟の前までは訪れられず、隣の小窓から眺める事だけしか出来ませんが、それでもそこから撮影したり、全体を眺める事ができます。

無料で訪問できますが、寄付を求められます。見させて頂いているので、敬意として一人あたりRs. 50〜Rs. 100ぐらい支払った方が今後とも観光客も訪れやすいでしょう。

ダルガー入口
ダルガー入口
霊廟エリア
霊廟エリア
今でも信仰対象
今でも信仰対象
美しい天井
美しい天井
ダルガー一望
ダルガー一望

そして、地図上の広場まで出れば、ここに大型のバスターミナルがあります。何故こんな場所にバスターミナルがあるかとても謎です。なんせ、道路は狭いくせに、バスの行き来が凄いので、ここからクトゥブミナールへ向かう道はいつも渋滞しています。

ここからオートリクシャーを捕まえてクトゥブミナールの駐車場まで行けます。

この他にも、メヘローリーには白亜のジャイナ教寺院、ヒジュラーと呼ばれる第三の性の方々の墓場、湖に浮かぶ様に錯覚を起こす宮殿、古いモスク(遺跡)があり、全て回るのであれば半日は必要です。

まとめ

デリーは1,000年以上も様々な王朝の首都だったので、とにかく見所が満載!ガイドブックに長年載っていない地域でも魅力的な場所は結構あります。このメヘローリーは奥が深く、特にジャマリ・カマリ廟の良い保存状態は驚き。恐らく今後開発されて立派な観光地になるでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top