真冬限定:霧の中のタージマハール

先日、お客様との同行でアグラへ行ってきました。今冬で一番寒い冬の日、そして一番霧の深い日でした。

今回はデリーから日帰りツアーであり、アグラには比較的近いザ・オベロイ・ニューデリーからの出発です。通常、霧が無ければ3時間かからない距離ですが、4時間以上掛かりました。視界はかなり悪く、ひどい時は5メートル先も見えないのではないかと言う感じです。

時速120キロで飛ばせるヤムナ・エキスプレスウェイもこの日は50キロ以下に
時速120キロで飛ばせるヤムナ・エキスプレスウェイもこの日は50キロ以下に
午前9時でもまだ外気温5度
午前9時でもまだ外気温5度
正午のベイビー・タージから眺めるヤムナ川
正午のベイビー・タージから眺めるヤムナ川

昼食を食べてから、少し晴れてきました。タージマハールは14:00頃に訪れ、何とかお客様は青空の中のタージマハールを撮影する事ができました。

その後、アグラ城を周り、最後に僕のアグラで一番お勧めの場所、タージマハールから川を挟んで反対側にある、メータブ・バーグで日没を眺めてからデリーへ戻りました。

タージマハールは正面から眺めるよりも、裏の公園から眺める方が迫力はあります。正面は正面の良さ(整備された庭園など)がありますが、いつ行っても観光客が凄いので、落ち着いて写真も撮れません。メータブ・バーグの方が上へ見上げる感じですし、あまり観光客がいないので景色を独占できる感じです。タージマハールにいる観光客の波がありんこみたいに見えます(笑)。

幻想的に映る日没時の霧の中のタージマハール
幻想的に映る日没時の霧の中のタージマハール

ところで、この日(12月28日)、グルガオンでは最低気温が0.6℃だったそうです。デリーでも2度台だったので、かなり寒さが厳しかった様ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。 また、このホ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top