ベストシーズンのタージマハールがこんなに美しかったとは

デリー、アグラ、バラナシ等、北インドの平野地帯を旅行するのであれば、青空が綺麗な2月~3月が一番です。

この地域は、4月~6月は暑すぎる上に若干熱で大気が霞んでしまい、雨季の7月~9月は晴れていれば良いですがじめじめして雲が多い、そして10月以降は気温は涼しくて良いですが、霧が出てきやすく、場合によっては辺りが真っ白であまりくっきり見えない場合がある。

今週初頭、お客様との同行でアグラへ。今回は初「満月のタージ」にも参加し、感動しました。真っ青な空と白く輝くタージ。今まで何回もアグラへ行きましたが、今回が一番良い時期でした。

まずは、タージマハールを川の反対側から眺められる公園、メータブバーグから。ここは、タージマハールが土台の上に載っているのが良く判り、正面からでは見えない部分まで見えます。

メータブ・バーグ
メータブ・バーグ

ちなみに、霧の濃い12月末に行ったときはこんな感じ。

12月末の同じ時間帯に同じ携帯カメラで撮影した景色
12月末の同じ時間帯に同じ携帯カメラで撮影した景色

↑幻想的と言えば幻想的ですが、やっぱり青空の中で訪問すると気分を明るくさせてくれます。

翌朝は、タージマハールを正面から。

タージマハールの入口
タージマハールの入口
タージマハール
タージマハール

この青さ、半端ない。これでも安い携帯カメラで撮影したもので、一眼レフカメラを持っていったらどんなに映りが良かったか。

タージマハール ベストシーズン
タージマハール

一番驚いたのは、普段濁っているどぶ川であるはずのヤムナ川がなんと青かった!空の色に負けていました。

ヤムナ川
ヤムナ川
ヤムナ川
ヤムナ川

離れたアグラ城からも、くっきりタージマハールが見えました。真冬や雨季の時期にはなかなか姿を現しません。

アグラ城から眺めるタージ
アグラ城から眺めるタージ

もし、北インド旅行の平野地帯をされるなら、是非2月~3月がお勧めです。ちょうど新緑の時期でもあるので、緑が鮮やかでもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top