アマニカース滞在記その③:客室とリゾートの敷地

アマニカースは全10室。大きなテントの客室です。雨季の6月上旬から9月下旬までの4か月間は閉館となり(国立公園が閉まるため)、この時期にテントを一旦全部外してメンテをするらしいです。

いきなりですがトイレから(笑)。

さて、テントの内部はラグジャリー感はたっぷりあるのですが、どうしても慣れなかった点があります。それは:トイレとバス!トイレはカーテンが仕切られただけでどうも落ち着いて用が足せません。

バスタブは立派なのがありますがなんとカーテンで仕切られていなくかなり開放的。明らかにカップル向けですね。ちょっと年頃のお子様連れだったら、お風呂の時間の時は家族の誰かにテラスでお茶でも飲んでもらって待ってもらうのが一番かも^^。

シャワーはカーテン式で一応仕切られてはいます。

トイレ
トイレ
バスタブ
バスタブ
シャワーブース
シャワーブース
石鹸とシャンプー
石鹸とシャンプー

ちなみにアメニティーはアマニカース特注のForest Essentials製です。タージもオべロイも一緒ですね。自然のコスメで僕もここのアロエジェルは愛用しています。

客室はアマンらしいシンプルで落ち着く内装です。毎回部屋を出るたびに清掃してくれる様で、居心地が良いです。ものすごくぐっすり寝て最高の寝起きで朝を迎える事ができました。ホテルではそれが一番大切。そこが満たされていれば文句無しです。

アマニカス 部屋:広い客室!
広い客室!
客室
客室
客室
客室
洗面台
洗面台
ベッド
ベッド
ベッドとアマニカース帽子
ベッドとアマニカース帽子
冷蔵庫の代わりにクーラーボックス
冷蔵庫の代わりにクーラーボックス

ちなみにテントに鍵はありません。安全なので貴重品を中に置いていても問題無いとの事。確かに、リゾート内は誰も見ていない様で誰かが常に見ていた様な気がします(笑)。あとは各客室に専属バットマン(バトラー)がいるので、何かあればすぐボタンワンコールで来てくれます。

テントの外見
テントの外見
テントは虫が入りにくい様に二重網
テントは虫が入りにくい様に二重網

こちらはライブラリー(図書室)。奥ではショールやこの地域の特産品などが販売されています。

ライブラリー
ライブラリー
ライブラリー
ライブラリー
ショールの販売
ショールの販売

ダイニングテント。

こちらはダイニングテント
こちらはダイニングテント

こちらはスパのテント。ちなみにここで1時間のショルダー&ネックマッサージを体験しましたが、インドのスパの中では一番気持ちが良くつぼをしっかり押さえたかなり手の凝っていたマッサージで感動しました。セラピストにもよると思いますが、かなり質が高いと思います。

スパ
スパ

敷地内。

リゾート入口
リゾート入口
リゾート入口
リゾート入口
ちょっとしたラウンジ
ちょっとしたラウンジ
敷地内を出歩く孔雀
敷地内を出歩く孔雀
敷地内の廊下
敷地内の廊下
プール
プール

さて、前にも触れましたが敷地内には池があり、そこにはワニがいます。野生なのか、リゾートが飼育しているかは知りませんが(スタッフさん曰く野生)、本当に野生だったらさすがのアマンでも安全を考えて放っておかないはずなのでなついているのでしょう。

リゾート敷地内の池
リゾート敷地内の池
ワニ!
ワニ!

最後に。。。知らないうちに、カバンになんと名前のプリント入りのタグが付いていました。革製です。こういうのがアマンらしい痒い所に手が届くサービス。サプライズが多いのが、このアマン滞在のハイライトでもありますね。(以前アマンバーグに滞在の時には雨の泥で汚れまくった自家用車が翌日乗るときに見事ピカピカになっていました)。

アマンサプライズ
アマンサプライズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top