インド発シンガポール航空で日本まで往復ビジネスクラスが10万円台

今度は5月に一時帰国をします。

念願のシンガポール航空のビジネスクラス。昨年7月、シンガポール→デリーで乗りましたがその時は近距離用の機材で、評判高い広いシートでは無かった(それでも、かなり良い体験でしたが)。

シンガポール航空 インド ビジネスクラス:シンガポール航空A380機
シンガポール航空A380機

シンガポール経由の日本行きとはインドから(特にデリー)は遠回りになるけど、ビジネスクラスの日本までの往復運賃は最安値で比較すると日系やエアインディアの直行便より安いです。

特に、ムンバイからの利用が安く、ムンバイ⇔日本各地最安値で10万ルピー前後(約17万円)で距離もあるのでマイルもよく貯まります。

シンガポール航空は近年最新機材を多く導入し、シートもより新しいものに生まれ変わっています。

今月からはつい数か月前に導入した最新型のA380が香港路線に導入され、そして5月からは世界初のB787-10による定期便をシンガポールと関西の間で運航する。

また、ムンバイ路線にも過去2年未満に導入された最新のA350が飛んでいる。これらすべて別々のシートタイプが搭載されているので比較も面白い。

そういう事で、今回は4区間シンガポール航空に搭載(もしくはこれから搭載される)されているすべての別々のフルフラットシートを比べるルートを計画する事ができました。

ムンバイ→シンガポール:A350-900機
シンガポール→香港:A380-800機(最新型)
関西→シンガポール:B787-10機
シンガポール→ムンバイ:A380-800機(旧型)

料金は4区間合計で日本円で約17万円。シンガポール航空のビジネスクラスとしては、破格の値段だと思います。特に、B787-10以外はすべて長距離路線用のゆったりとしたシートで、これらの機材には自社のマイレージ会員以外でマイルを使って特典航空券がゲットできない(例えばANAマイレージクラブ等)仕組みになっているので特別感もあるのです。

新型A380ビジネス座席※
新型A380ビジネス座席※
新型A380の真ん中2席はダブルベッドも※
新型A380の真ん中2席はダブルベッドも※
日本路線の和食は人気高い※
日本路線の和食は人気高い※

※シンガポール航空公式サイトより

また、旧型のA380-800機は全世界の航空業界の中で一番幅の広いビジネスクラスシートとして知られ、大人2人が余裕で同じ席に並ぶ事ができる、ある意味他社のファーストクラスよりも広い座席。古いタイプのシート程座席幅が広いので、楽しみです。

ベースは関東なので、香港→東京は別途エチオピア航空のエコノミークラスを利用し、東京→関西は昨年新しくできた完全個室型の豪華夜行バス、ドリームスリーパーに乗れたら面白いなと思っています。

ちなみに、シンガポール航空は去年からアラスカ航空のマイレージプランと提携を始め、シンガポール航空のビジネスクラスに乗ると最低2倍のマイルが貯まります。例えば、ムンバイから東京まで往復すると約23,000マイルが貯まります。

アラスカ航空はJALとも提携しており、JALのビジネスやファーストがかなりお得なマイル数で利用できる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top