ANA787-9ビジネスクラス搭乗記:羽田→ジャカルタ

航空会社:全日空(ANA)
便名:NH 855
フライト区間:羽田→ジャカルタ
フライト利用日:2019年4月4日(木)
予定出発時刻:10:15発
予定到着時刻:15:55着
時刻表上のフライト時間:7時間40分
機種:ボーイング787-9
利用クラス:ビジネス
座席番号:4K
機材番号:JA885A
機材導入日:2016年10月3日

JALのビジネスクラスは近年で3回乗ったけど、ANAはまだでした。今回やっと目的が一つ叶いました。

丁度4か月程前、同区間(とは言え、成田発ですが)の同時間帯にJALビジネスクラスを利用したので、これで両者の比較ができます。これは別のトピックとする事に。

チェックインは通しでジャカルタから先のシンガポールまでの搭乗券も発券してくれました。チェックイン荷物もスルーでジャカルタでは入国せずにOKとの事。ところが、後からジャカルタでの乗継はかなり面倒くさい事が発覚しました。これも後の記事にする事に。

羽田空港国際ターミナルチェックインホール
羽田空港国際ターミナルチェックインホール

ビジネスクラスなのに優先レーンが使えないの??

羽田空港で驚いたのが、保安検査場での優先レーンでビジネスクラスの乗客なのに利用できない事!その代わり、ANAの上級会員ならエコノミーでも利用できるとの事。じゃ、試しに自分は同じスターアライアンスのターキッシュエアラインズの上級会員なので、会員カードを見せても適応外だとの事。なんじゃそれ。。。ちょっと遅れてませんか??ビジネスクラスダメ、ANAの上級会員でなければ利用できない、って。せめて、アライアンスの待遇は統一しないと。

右側が優先レーン
右側が優先レーン
搭乗券
搭乗券
搭乗口
搭乗口

思ったよりもゆったりしていたシート

ANAのビジネスクラスはスタッガードシートを採用していますが、正直あまり期待していませんでした。今まで利用した同タイプのシートは全体的に座席が狭く、特に足元の広さが限られてしまう傾向があります。エティハド航空のA340や、オーストリア航空の777がそうでした。

ところが、ANAの場合は座席の横幅がちょうどよく、足元は結構ゆったりしていました。寝返りも打てるほどです。

ANA ジャカルタ ビジネスクラス:ビジネスクラス機内
ビジネスクラス機内
座席
座席
座席
座席
座席
座席
サイドテーブルとポケットその他
サイドテーブルとポケットその他

アメニティーはスリッパ、パナソニック製のヘッドフォン、毛布、そして何とJALでは提供されなかった敷布団も用意されていました。しかも日中のフライトで。直に座席の上に寝るのは横になるのは嫌なので、敷布団があるのはかなり嬉しいです。

アメニティー
アメニティー
ヘッドフォン
ヘッドフォン
シートテレビ
シートテレビ
足元も余裕の足置き場
足元も余裕の足置き場
シートコントローラー
シートコントローラー
監視カメラみたいな読書灯(笑)
監視カメラみたいな読書灯(笑)
通路側を眺める
通路側を眺める

ANAではウェルカムドリンクが! JALのアジア路線では提供されなかったウェルカムドリンクがANAではあり!とても小さな事ですが、搭乗してすぐに飲み物がもらえるって嬉しいものです。プラスチックのカップでシャンパンでは無くスパークリングワインとグレードは下がりますが、あるだけ良い!

スパークリングワイン
スパークリングワイン

そろそろ出発。隣にはEVA航空のA330機が泊まっていました。

窓の外の景色
窓の外の景色

ANAの機内安全ビデオは面白い!

2018年12月に新しくなった歌舞伎をテーマにした機内安全ビデオ。「和」を強調したユニークなこの動画、遊び心があって外国人だけでは無く日本人にとっても観て面白いと思います。

ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ
ANA機内安全ビデオ

最高の富士山の景色

この日は見事な晴天でした。季節外れの寒気が流れ込んだお陰で空気は澄み、みなとみらいやベイブリッジ、磯子区にあるばあちゃんの家、湘南、箱根・芦ノ湖、そしてハイライトの富士山がくっきり見渡せました。

ANAA321neo機
ANAA321neo機
離陸直後
離陸直後
横浜市街と富士山
横浜市街と富士山
みなとみらいとベイブリッジ
みなとみらいとベイブリッジ
この写真の中にばあちゃんちがあります
この写真の中にばあちゃんちがあります
相模川と湘南
相模川と湘南
箱根・芦ノ湖
箱根・芦ノ湖
富士山
富士山
富士山
富士山
南アルプス
南アルプス

この辺りでお絞りとメニューが配られました。

お絞り
お絞り
メニュー
メニュー

ANAは機内食のメニューを持ち帰る事ができません。そのため、使い回し感があります。メニューはいつも記念に持ち帰りたいので、残念です。

関西空港
関西空港
長崎県
長崎県

昼食へ向けて

このフライトのメニューは以下の通り。飲み物メニューは省略します(ANAのホームページでも確認できます)。

アミューズと和食オプション
アミューズと和食オプション
洋食オプション
洋食オプション
デザート
デザート
いつでもメニュー
いつでもメニュー

まずはテーブルを出し、飲み物からスタートです。

テーブルはスライド式
テーブルはスライド式

飲み物はANAオリジナルドリンクの「香るかぼす(蜂蜜入り)」と、梅酒のロックを頼みました。実際来た酒の方は「イチローズモルト」のウィスキーでしたが、美味しかったのでよしとします(笑)。後でクルーの方も気づき、謝られました。

ウィスキーと香るかぼす
ウィスキーと香るかぼす

ANAではアジア路線でもアミューズが提供されるのは嬉しいです。どれも非常に上品のお味でした。

アミューズ
アミューズ

次の飲み物は日本酒を頂戴します。石川県のお酒で、農口尚彦研究所の山廃吟醸酒です。

ボトル
ボトル
山廃吟醸酒
山廃吟醸酒

上品な和食前菜

和食を選択しました。確か食器のプレゼンが3月に変わったばかりで一新されたはずです。とても美味しく頂きました。

前菜プレート
前菜プレート
牛肉
牛肉
盛り合わせ各種
盛り合わせ各種
鰹のたたき
鰹のたたき
コラボ先料亭の紹介
コラボ先料亭の紹介

ちょっと冷めたメイン

前回のJAL便でもそうでしたが、メインがそんなに温かく無かったです。メインはアツアツで頂きたい者にとってはこれでちょっと満足度が下がる。品物は牛タンと焼き魚で、正直牛タンはそんなに好みでは無いのですが自慢の和食を試したく、挑戦してみました。意外に分厚いんですね、舌なのに。とろける感じでした。

主菜プレート
主菜プレート
牛タンと焼き魚
牛タンと焼き魚
とても柔らかい牛タン
とても柔らかい牛タン

デザートはワゴンサービスで好きなだけ選べる!

ANA、気に入りました!ワゴンで運ばれるデザートでは、甘いものの他にフルーツやチーズも選べるとはとても嬉しいです。ビジネスクラスだと、「どれか一つ」か、甘いものだけに絞られる場合があるのに、全部選択できるのはかなり印象アップ!

デザート各種
デザート各種
チーズ
チーズ
パッションフルーツ系のムース
パッションフルーツ系のムース

パリのPierre Hermeとのコラボ甘味、とても美味しかったです。

エンターテインメント

映画はイラク戦争の際アメリカ副大統領ディック・チェイニーの本心を暴いた「バイス」と、イモト出演の「世界の果てまでイッテQ!」でアフリカの国々の特集をしていました。これからアフリカへ行くのにちょうど気分を高めてくれるのにちょうど良い♪

「バイス」概要
「バイス」概要
「世界の果てまでイッテQ!」概要
「世界の果てまでイッテQ!」概要
ベナン共和国の特集
ベナン共和国の特集

使用しませんでしたが、Wi-Fiが利用できます。時間ベースで使い放題できるのはデータ量を気にせずにいられるので安心です。

機内Wi-Fiの案内
機内Wi-Fiの案内

アメニティーキットは化粧室にあり

JALのアジア路線では歯ブラシ等簡単なアメニティーが入った巾着が配られますが、ANAではそのサービスが無い代わりに化粧室に歯ブラシ等アメニティーが揃っています。

ビジネスクラスの化粧室
ビジネスクラスの化粧室
アメニティーキット類
アメニティーキット類

敷布団のお陰でフルフラット時が快適♪

フライトの後半はシート倒し、フラットにして少し仮眠します。

ビジネスクラスの機内
ビジネスクラスの機内

敷布団のサービスは何度も言いますが、嬉しいです。直にシートで横になると、汗で蒸れる事があって座席にもよくありません。敷布団があれば、多少汗かいてもまだ洗えるので、こっちも安心して横になります。暑がりなので、特に通常の機内温度が高い日系航空会社では汗がかきやすくなります。東京西川製の「エアーサイクロン®」とブランドにもこだわりを感じさせられます。

敷布団とシート
敷布団とシート
ベッドができた!
ベッドができた!

写真を撮ってたら、クルーの方が丁寧に「お撮りしましょうか」とお声がけしてくれたのでお言葉に甘えました。

記念撮影
記念撮影
ミネラルウォーター
ミネラルウォーター
快適~
快適~

少し仮眠した後は、エコノミークラスを訪れてみました。

足元が広い787-9のエコノミー

ANAの787エコノミーは業界標準の3×3×3の横9席に対し、JALの同機材は業界よりも広い2×4×2の横8席と、JALの方が明らかに快適です。その中、ANAはどう対抗しているのでしょうか。

ANA787-9エコノミーのシート
ANA787-9エコノミーのシート

確かに横幅は広いとは言えませんが、その代わりに足元にかなり余裕がありました。34インチあるようなので、JALの33インチより若干シートピッチが広くなります。

余裕の足元スペース
余裕の足元スペース

到着前に一風堂の味噌ラーメン

ジャカルタ到着前に一風堂の味噌ラーメンをお願いしました。イスラム圏へのフライトのため、ジャカルタとクアラルンプール路線は味噌ラーメン、その他東南アジアは豚骨ラーメンが提供されます。

一風堂の味噌ラーメン
一風堂の味噌ラーメン

具材はインスタント感は否定できませんが、少なくても麺はもっちりコシがありました。JALのカップ麺よりは断然高級感あります(笑)。

ラーメンのアップ
ラーメンのアップ

食後にはハーブティーを。チョコレートも一緒に付きました。

ハーブティーとチョコレート
ハーブティーとチョコレート

まだまだ目的地までは長い。。。

定刻通りにジャカルタ・スカルノハッタ空港に到着。まだ、最終目的地のケープタウンまでは、シンガポールとアディスアベバを経由しなければなりません。ジャカルタの空港では予期しなかった小さなハプニングがありました。

ガルーダ777-300ER機のビンテージ塗装
ガルーダ777-300ER機のビンテージ塗装

【搭乗評価】
出発空港での対応:☆☆☆☆☆
機内クルーの対応:☆☆☆☆☆
アメニティー・エンターテインメント・シートの設備:☆☆☆☆☆
シートの快適度:☆☆☆☆☆
機内食・飲み物のクオリティー:☆☆☆☆☆

<フライトの印象>
ANAのサービスには脱帽しました!アジア路線なのに敷布団が提供され、座席は結構快適。乗務員のサービスも良く、あまりベタベタ感の無い、且つ必要な時にはしっかりしているこのタイプは好みです。メインが若干冷めていましたが、アミューズ、前菜、デザートが豪華で全体的に非常にクオリティー高い食事だったので5つ星とします。いや~、ANAは良いです!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top