JALとANAのデリー発機内食徹底検証①:エコノミークラス編

JAL、ANA両社は日本発のフライトは結構機内食に力を入れ、JALに至ってはエコノミークラスでも有名食プロデューサーやシェフ監修のメニューを提供していますが、インド発のフライトはどうでしょうか。

結論から言うと、ANAは出発国関係無く安定のメニュー内容、JALに至っては、インド出発便に関しては内容が充実しているにも関わらず、かなり栄養が偏っている印象です。

2022年7月のメニューで検証してみましょう。メニューは、両社ホームページから確認ができます。

まずはJALのデリー→羽田・東京線エコノミークラスメニューから。

JALのデリー→東京エコノミー機内食
JALのデリー→東京エコノミー機内食
JALのデリー→東京エコノミー機内食
JALのデリー→東京エコノミー機内食

写真は2017年に撮影したJALのデリー→成田便の夕食。野菜が少なくて炭水化物が多い。前菜にキッシュと蕎麦、そしてデザートが巨大マフィン。

最新のメニューも前菜に野菜が無く、その代わりにペンネ&蕎麦。そして、デザートはパウンドケーキと重い。。。全く当時からメニューの雰囲気が変わっていない。。。

因みに、ベンガルール発のフライトは深夜発のため、出発直後はサンドイッチ等の軽食が提供されます。日本到着前に、上記のメニューがほぼ同じ内容で提供されます(違いはメインディッシュの内容と、パウンドケーキの味が異なるぐらい)。

そして、こちらがANAのデリー→羽田便のエコノミークラスメニュー。ムンバイ→成田便と内容は全く一緒です。

ANAのデリー→羽田エコノミー夕食メニュー
ANAのデリー→羽田エコノミー夕食メニュー

メインディッシュ以外の詳細をアップしてみましょう。

ANAデリー発機内食メニューのアップ
ANAデリー発機内食メニューのアップ

ANAの方が全体的な栄養バランスが良さそう。しっかり野菜も豊富で、チーズも付いている。デザートはアイスクリームで食べやすい。

こちらは、2013年のANAデリー→成田便の機内食。当時はデリー出発が深夜だったので、主な食事は朝食となりますが全体的にバランスが取れている感じがします。

ANAデリー発成田行きの2013年機内食
ANAデリー発成田行きの2013年機内食

東京到着前の食事に関しては、JALの方が和食の弁当スタイルで、日本食好きならこちらの方が満足感が高そう。以前はおにぎりが入っていて、インドに長く居るとこの味がとても懐かしく思えました。

2017年のJAL日本到着前の食事
2017年のJAL日本到着前の食事

ANAは、パンとヨーグルトとカットフルーツでとてもシンプル。

ANAのデリー→羽田エコノミー軽食メニュー
ANAのデリー→羽田エコノミー軽食メニュー

まとめ

JALの日本発は素晴らしいメニューなのに、インド発は内容が豊富であるにも関わらず、重い炭水化物系がぞろっと並びます。せめてサラダは欲しい。その反面、日本到着前の弁当は嬉しい配慮だと思います。

ANAに関してはとても栄養バランスの取れたメニューです。到着前の軽食はちょっと質素ですが、日本発・インド発関係無くメニューに安定性があるのは利用者として安心します。

おまけ

こちらが、日本発の両社メニュー。JALがいかに力を入れているか伺えます。デリー・ベンガルール両便とも同メニュー。

JALの日本発機内食紹介
JALの日本発機内食紹介
JALの日本発機内食メニュー
JALの日本発機内食メニュー

こちらはANA。デリー・ムンバイ線共に同メニュー。

ANA日本発の機内食
ANA日本発の機内食
ANA日本発機内食メニュー
ANA日本発機内食メニュー
ANA日本発機内食メニュー
ANA日本発機内食メニュー
ANA日本発機内食メニュー
ANA日本発機内食メニュー

個人的には、日本出発便であればJAL、帰国便であればANAの方が機内食ベースで判断するなら良いかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top