ANAはJALと比べて革新派?

JALの方が日系航空会社としての歴史が長いですが、サービスの革新面に置いては後から参入したANAの方が先行を仕切りする傾向があります。そして、JALがそれをフォローする感じが多いかと。

例えば、日系航空会社で初めて:

○ファーストクラスにフルフラットシートを導入させたのは:ANA

○エコノミークラスの座席にパーソナルテレビモニターを導入させたのは:ANA

○ビジネスクラスに斜めにフラットになるライ・フラットシートを導入させたのは:ANA

○ビジネスクラスに完全180°水平フラットになるフルフラットシートを導入させたのは:ANA

○3大アライアンスに加盟したのは:ANA(スターアライアンス)

○機内トイレにウォシュレットを導入させた:ANA(世界初)

○エコノミークラスで温かい味噌汁の提供したのは:ANA

ANA JAL 革新:デリー→成田便のANAの朝食(味噌汁付き)
デリー→成田便のANAの朝食(味噌汁付き)

それに対して、

○プレミアムエコノミーを導入させたのは:JAL

○機内Wi-Fiを導入させたのは:JAL

○ラウンジにオリジナルビーフカレーを提供したのは:JAL

○うどんですかい・そばですかいを開発したのは:JAL

※もしかしたら他にもJALがANAより先行した点があるかもしれませんが、思いつく点はこれぐらいです。

ANAは「革新派」だと思いますが、同時にネガティブな意味でも。。。一番気になるのは、エコノミークラスのシートの横幅。B777-300ERとB787は従来の配列から、もう1席シートを足しています。例えば、B777-300ERは以前は3-3-3の配列だったのが今では3-4-3に。B787は最初2-4-2だったのが3-3-3へ変わっています。ただ、「座席幅が狭くなる」のはANAに限定した事では無く、世界の航空業界でトレンド化してきている事です。特にB787は当初ANAとJALが唯一、2-4-2配列で他の航空会社はすべて3-3-3で導入しました。今では、JALのB787は世界で一番ゆとりのあるドリームライナーのエコノミー座席になっています。LCCが台頭し、価格競争が激しくなったのでしょうが無いですね。。。

JALは現時点では国際線エコノミークラスはゆとりのある座席配列(B787とB777の場合)を保っているので、乗っている方としては嬉しいですね。

JALB767-300機
JALB767-300機

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。 また、このホ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top