デリー空港国内線エアインディアラウンジ訪問記

空港都市:デリー
空港名:インディラガンディー国際空港
ターミナル:3
ラウンジ運営航空会社:エアインディア
ラウンジ名:エアインディアラウンジ(国内線出発)
ラウンジ利用日:2018年1月21日(日)
ラウンジ利用時間:10:00~12:00頃
ラウンジ利用時の混雑状況:空いている~混んでいる

エアインディアの国内線ラウンジは初めて。国際線ラウンジでは寝室があったり、カレーが美味しかったりとかなり感動しましたが果たして国内線ラウンジは?

エアインディアでは毎回必ずラウンジ招待券が配られます。見栄えいいけど紙の無駄だなぁ。

ラウンジ招待券
ラウンジ招待券

入口はエレベーターで上にあがったところ。場所でいうと丁度国際線ラウンジの反対側になる。

デリー エアインディア 国内線 ラウンジ:入口
入口

最初入室した時は結構空いていた。大きさは国際線ラウンジと比べると結構こじんまりしているけど、ゆったりとした配置になっているので同じ様に落ち着く。

ラウンジ内
ラウンジ内
ラウンジ内
ラウンジ内
ラウンジ内
ラウンジ内

なんと!国内線ラウンジなのに、シャワー室が2つありました。鍵がかかっていたので中は見ていないけど、国際線ラウンジのは結構充実していました。

シャワー室
シャワー室

朝の時間帯だったので、朝食が準備されていました。食事の内容は国際線と同じです。サラダ各種、パン類、ジュース2種類、ホットミールが6種類。

唯一の違いは、アルコール類が提供されていない事。

サラダバー
サラダバー
オムレツとチキンパイ
オムレツとチキンパイ
ウプマと野菜コロッケ
ウプマと野菜コロッケ
サンバルとヴァダ
サンバルとヴァダ
イドリー
イドリー

エアインディアのラウンジ飯は結構好みです。サンバル(南インド風の酸味の効いた豆カレー)が美味しかった。なんだろう、洗練されていない、昔ながらのインドの食事という感じなんですよ。チキンパイも結構イケました。

サンバルとその他
サンバルとその他
二皿目
二皿目

<ラウンジの印象>
国内線ラウンジとしてはかなりレベル高いのではないでしょうか。個人的にはエアインディアのラウンジは落ち着いていて好きです。国際線の方では同じスタアラ系列でルフトハンザやシンガポール航空もデリーにラウンジを置いていますが、行くならエアインディアを選ぶ程です。食事も悪く無いし、結構ありだと思います。

【ラウンジ評価】
スタッフの対応:☆☆☆☆
ラウンジの快適度※:☆☆☆☆
ラウンジのデザイン性:☆☆☆☆
設備・アメニティー:☆☆☆☆
食事・飲み物の種類:☆☆☆☆
食事・飲み物の質:☆☆☆☆
※体験時の混雑状況も重なるので、必ずしも参考になるものではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。 また、このホ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top