チャンギ空港無料S$20バウチャー

シンガポール航空で、シンガポールを乗り継ぎとする往復航空券を購入している乗客は、シンガポールのチャンギ空港で、無料の20シンガポールドル分のクーポン券を、出発エリアの「Changi Transit Programme」カウンターでもらう事ができます。必要書類は搭乗券とパスポートのみ。

例外もあるので、詳しい詳細はこちらのシンガポール航空日本語ホームページより。

インド発、日本発の往復航空券であれば適応される。一番安いエコノミークラスの航空券でもOK。

チャンギ 無料 バウチャー:無料のクーポン券
無料のクーポン券

タバコ以外基本すべての空港の店舗で使用可能なので何を購入するか悩む。せっかくなら、普段ポケットマネーで買わないようなものを選びました。

それは。

行列のできる人気のシンガポールのスナック菓子、「Irvin’s」のSalted Eggというもの。シンガポール航空が発着する第3ターミナルにあり、空港の制限内にありながらもここでも行列があったのでそれにつられて買ってみました。

3種類の袋があり、魚皮、ポテトチップス、キャッサバチップス。サイズは大と小があって、大がS$15(1,200円ぐらい)、小がS$7(600円ぐらい)で、小を3つ購入してみました。若干足りないので、手持ちのシンガポールドル現金も少し足して。ちなみに空港だから高い訳ではなく、市内の店頭でも価格は一緒ぐらい。

人気のスナック
人気のスナック

早速、フィッシュスキンを開けてみました。見事魚の皮のフライで、まず塩味がした卵の粉がまぶされていて、そのほかに牛乳、砂糖、カレーの葉、チリが使用されている。無添加のスナック菓子で、食べた印象は「質の良い駄菓子」という感じ。子供にはとても好まれそうな味。店員に聞いたら、このフィッシュスキンが3種類の中でも特にお勧めだとの事。

その他、TWG紅茶の専門店やBBQポークジャーキー専門店のBee Cheng Hiangもあるので、このクーポン券を利用してお土産を買うのもあり。家族四人ならS$80にもなるので、結構な額になる。

嬉しいサービスです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top