JALの愚痴とエアアジアの感動

今回JALのビジネスクラスと格安エアアジアXの普通席はかなり対照的な体験でした。両方とも良い体験でしたが、良さが全く異なります。

JALは確かに素晴らしい航空会社ですが、あれ、あれ、とちょっと他の航空会社と比べるとどうして?と思うところは多々あります。少し愚痴らせて下さい。

JAL。快適な座席、清潔な機内やトイレ、そして細かく丁寧な乗務員や空港スタッフの対応にはとても安心感があります。たぶん、JALに乗って一番安心という利用者は多いのでは無いでしょうか。

その反面、コンセプトが全く逆のローコストであるエアアジアXにはあって、JALには無い重要なサービスポイントを数点実感しました。

その①:操縦席からのアナウンスがあまりにも無さすぎる!

これ、とても重要だと思います。以前デリー→成田で乗った時もこの事に触れましたが、自分の命は操縦士に任せているもの。今まで乗った殆どの航空会社は、離陸前の挨拶、飛行中、そして着陸時に必ずアナウンスします。特に、離陸前の挨拶は大切だと思う。これが無かったのは自分の記憶では、エアインディア(機長によるけど)とJALだけ。前回のフライトは本気で最後まで一度も挨拶が無かったけど、今回のジャカルタ路線は辛うじて途中で一回あったきり。お願い、もっと生の声聞かせてー。

その反面、エアアジアは今回インドネシアの国内線と成田路線で2回乗りましたが、しっかり最低3回は操縦室からちゃんとアナウンスがありました。

その②:機内食のメインが冷えてる

今回のフライトで一番ガッカリだったのが、主菜が冷えていた事。満席だったので、恐らく乗務員の方々もとても忙しく、手が回らなかったのかと思いますが、味噌汁はほぼ常温だったし、ごはん、主菜の魚も豚カツも冷めてしまっていた。多分、乗客一人一人へのサービスが手厚い分あまりテキパキ効率よく提供する事が妨げられるのではないのかな、と勝手に判断しています。しかも、主菜2種類、ごはん、みそ汁と温めるものも多いとその分手間もかかりますしね。内容が結構凝っていただけに、とても残念!

冷めてしまったメイン
冷めてしまったメイン

その反面、エアアジアの場合は食事は基本有料なので、一部しか頼む乗客がいない分出てくるときはアツアツで提供され、とても美味しく頂けました。

蓋と開けると。。。
エアアジアの機内食
ナシ・クニン・マナド
エアアジアの機内食

結論:シンプル・イズ・ベスト!

ただ、ビジネスクラスに乗ってエアアジアと同じレベルのものを出す訳にもいかないので、せめて味噌汁は提供ギリギリにお湯を入れる(恐らくインスタントだと思うので)、ご飯も釜に入っているはずなのでこれもギリギリによそう、等してくれればと思います。また、メインもお洒落に2種類に分けないで、1つの絞っていっきに温めて提供した方が大分改善されるのでは無いか。

次のポイントはラウンジは関係無いエアアジアとは比較ができませんが:

その③:JALラウンジの提供内容は素晴らしいのに効率悪い!

成田空港の本館サクララウンジ。以下、同じ時間帯でダイニングエリアとソファーエリアの違いがすさまじい!

JAL 愚痴
ダイニングエリア
2階ラウンジスペース
ソファーエリア

要はラウンジというのは大抵皆食事目当て(自分もそう)。今は狭い3階がダイニングエリア、広い2階がソファーエリアになっているけど、これを逆にすれば良いのでは無いか。また、安全のためだと思うけど、同じラウンジ内なのに食事を2階にもってきてはいけないという規則もちょっと考えられないかなぁ。効率よくするためには、せめて食事もラウンジ内好きなところで食べて良いとしないとあまりユーザーフレンドリーじゃない気がします。

このラウンジ、来年春から大改装する予定なので、恐らくこの問題は解消できることを望みます。

また、サテライト側のサクララウンジはこの様な問題は無いものの混雑が酷かった。まぁ、混雑するラウンジは世界どこでもありますがね~。

JALのサクララウンジは素晴らしいシャワーやマッサージチェア、そして食事の内容も結構バラエティーがあり質も高いと思うので、このラウンジのレイアウトはちょっと勿体無いですね。

ラウンジ飯は結構クオリティー高い
ラウンジ飯は結構クオリティー高い

明るくフレンドリーであまり気疲れしないエアアジアクルー

あと、これは文化の違い等もあるので比較対象にはできないけど、エアアジアの良い点はとにかくクルーが明るくてフレンドリー。まさに空のホステス(英語でAir Hostess)で、向こうもそんなに必要以上に乗客に対して気を使わなければ、こちらもあまり気を使わなくていいのでバランスが取れてる。

JALの場合だとクルーの皆様はとても丁寧で、「頑張ってます!」オーラがあるのでこちらもちょっと気を使ったり、頼み辛かったりして躊躇してしまうのも本音。

ビジネスクラスなのにウェルカムドリンク無し!?

そう、アジア路線の場合、JALではウェルカムドリンクが提供されません。別にグラスに入ったシャンパンは要らないから、せめて紙パックでもいいので、何かジュースでも配ってよ、と思います。

まとめ

いくら格安航空会社でもしっかりツボをついているエアアジアは実は結構魅力的です。もちろん、同価格ならJALを選びますが、費用対効果で言えばエアアジアはJALに負けないしっかりした航空会社です。

どんな航空会社でもパーフェクトは無く、長所・短所両方あるので、あくまで今回はちょっとJALの短所をまとめました。実際のラウンジ訪問記や搭乗記は長所をフォーカスします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top