凄いぞエミレーツのビーガン食

先日、ベジタリアンの友人がエミレーツに乗った際に送ってくれた特別食の機内食。

航空業界のコストカット化が進む中、エコノミーでも手を抜かない航空会社がエミレーツ。筆者が前回乗ったのは2016年なのでもう大分前の話になりますが、その時に乗ったドバイ→デリー路線のエコノミーのサービスがもの凄く充実していて感動しました。

2016年9月6日:エミレーツ航空B777-300ERエコノミークラス搭乗記:ドバイ→デリー

どうやら、この感動のサービス、コロナ禍の中でもしっかりサービスクオリティーを保っている事を再確認しました。

特別食って、その名の通り一部の乗客だけの特別サービスでもあるから、結構手を抜いてしまってもおかしく無い状況なんですよね。この一般客から「見えないサービス」でどれだけ力を入れるかによって、その航空会社の素顔が見える気がします。

友人が事前指定したのはビーガン食。肉や魚やもちろんの事、乳製品、卵、白砂糖までも一切使用しない料理です。

ドバイ発がこちら。

2022年ドバイ発のビーガン食
2022年ドバイ発のビーガン食

メインの内容はピスタチオが振りかけてある白インゲン豆のベイクドビーンズと、もち麦とマッシュルームを一緒に炊いた様なもの。特に後者はあまりに美味しくて、レシピを教えて欲しいぐらいだった様です。

前菜とデザートのアップはこちら。

前菜とデザート
前菜とデザート

前菜はクスクスサラダにマッシュルームと野菜が入っているもの、そしてデザートはライスプディングに杏ジャムらしきものとピスタチオの砕いたものが入っていて、こちらも非常に美味しかった様です。

凄いのはチーズ。。。なんと、ビーガンチーズまで提供されていました!ここまでやるか、エミレーツ!乳製品では無いチーズって想像が付きませんが、こちらも美味しく召し上がったと。

因みに、ヨーロッパ発は典型的なビーガン食っぽいですね。

ヨーロッパ発は普通
ヨーロッパ発は普通

メインは豆のシチューとライスに茹でたとうもろこし、カット野菜のサラダ、フルーツとホールグレーンのパン。

やはり現地パートナーのケータリング会社に任せているためか、ドバイ発と比較すると若干内容に劣っている感じがします。

まとめ

エミレーツの拠点であるドバイだからこそ、ケータリングに力が入れる事ができる。エコノミークラスでしかもコロナ禍でも、しっかり手を抜かないエミレーツはまた機会があれば乗りたいですね。特にドバイ発で。

おまけ

上記のリンク内にもありますが、面倒臭い読者様向け(笑)。こちらが、筆者が感動したドバイ→デリーの機内食。エコノミークラスとは思えない程、質の高い機内食でした。

ドバイ→デリーの機内食
ドバイ→デリーの機内食

メインディッシュはマトンビリヤーニー。凄く美味しかった記憶があります。更に感動したのはデザート!

人参ケーキ
人参ケーキ

インドでは高級扱いとされている、ガジャル・ハルワ(人参のミルク菓子)。ココナッツやナッツのフレークがトッピングまでされ、大袈裟なく豪華なレストランで提供される様なプレゼンでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top