モルディブ製のツナ缶がやばい!

先日、政府系機関に勤めるインド人の友人がモルディブからの使節団から頂いたというツナ缶の詰め合わせセットの一つを分けてくれました。

モルディブは水産業が盛ん

モルディブと言えば、観光業が有名ですが、インド洋の海洋国だけあってマグロは沢山捕獲できる国。モルディブへ休暇で行った時も、朝・昼・晩のビュッフェ全てにマグロ料理が必ず出てくるほど、島民には貴重な存在です。

モルディブ離島の中級リゾートのビュッフェ内容
モルディブ離島の中級リゾートのビュッフェ内容
アッドゥ島の漁師
アッドゥ島の漁師

その利点を活かして、数少ない製造業の一つが、ツナ缶。

友人の詰め合わせパックには定番の水煮やサラダ油漬けからオリーブオイルやチリオイル、トマトソースなどがあり、辛いものが好きなのでチリオイルのものを頂戴しました。

身が白い!

ブランド名は Felivaru。

モルディブ産のツナ缶
モルディブ産のツナ缶

中身はこんな感じ。

モルディブ産のツナ缶
モルディブ産のツナ缶

箸で摘んでみると。。。これは美味しい!

臭みが無く、新鮮なマグロステーキの様な感覚。ツナ缶というと若干灰色が掛かった赤身が一般的ですが、このモルディブ製のものは白い。

あぁ、前回訪れた時、現地のスーパーで大量に買ってくれば良かった!

まとめ

モルディブ土産ナンバーワンだと言っても過言では無い!限られた土地の中で作り上げられた貴重な水産加工食品。缶詰なのに新鮮な味がします。今まで食べたツナ缶ではこのモルディブ産がダントツ一位です。

おまけ

モルディブを訪れたのは2018年1月。その時は、ちょうどモルディブ最南端でほぼ赤道直下の島、ガン島に国内二番目の国際空港ができたばかりで、スリランカ航空がコロンボと結んでいました(当時は週3便、今は週1便だけなのでちょっと不便)。首都のマーレからは飛行機で2時間ぐらい掛かるほど大分離れています。

このガン島を選んだ理由は、昔ながらの破格な中級リゾートが国際空港から徒歩圏内にある事、他の島々と道路で繋がっていて、それぞれに集落があり生活感がある事(リゾートのみの島だとこれが体験できない)、そして、地方の素朴な雰囲気が味わえる等、とても興味深い場所でした。

ガン島と結ばれているアッドゥ島の地元住民
ガン島と結ばれているアッドゥ島の地元住民
素朴なアッドゥ島の村の様子
素朴なアッドゥ島の村の様子

詳しくは、過去記事をご参考下さい。

>2018年1月23日:モルディブのガン島を選んだきっかけ
>2018年1月24日:ガン島のEquator Village Resort滞在記
>2018年1月25日:モルディブ最南端の島々でサイクリング&ジョギング!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top