マンハッタンで月350万円のアパートを拝見!

高校時代(インド)の同級生友人A君がニューヨークのウォール街で大手銀行の重役(まだ30代で!)を務めています。

今回、ワシントンDC近辺に住む他の高校時代の友人2名とニューヨークで同窓旅行を計画したのですが、A君が夕方に皆を自宅へ招待してくれました。

場所はマンハッタンのソーホー。正に物件価格の高いニューヨーク・マンハッタンの中でも最もトップに属する地域です。

たまたまネットで同じ物件が公表されていたので、確認してみると。

物件の紹介
物件の紹介

まだ家賃が高騰する前の2020年12月時点で月$23,500!2021年の物件価格高騰でもし今空きが出たら恐らく更に30%以上は値上がりしていると想定します。となると軽く日本円で400万越え!

この物件はペントハウスで専用スペースが2階+屋上のバルコニー。広さは293平米!ベッドルームとバスルームが3つ。

実際のA君の家はこんな感じ。

友人宅のリビングルーム
友人宅のリビングルーム

立派なペルシャ絨毯が敷かれています。

何と言っても素晴らしいのが屋上からの景色!専用の屋上は広く、暖炉まで用意されています。

ペントハウスからの景色
ペントハウスからの景色
ペントハウスからの景色
ペントハウスからの景色

周辺はレストランやパブが多く、外食にも困らない。

このアパートの気に入ったところが、入口が小さく、外見はただ普通の古い建物。建物自体は1,900年に建造されているので、築120年です。ニューヨークではこの様に古い建物を改装して使い続けるので、決して珍しくありません(地震が無い土地の特権ですね)。

A君はインドのグジャラート系でニュージャージー州出身。高校時代は、学校の生徒会長を務めていました。とても頑張り屋で、周りから将来アメリカの大統領になるんじゃない?と冗談で言われていましたが、あながち可能性はかなりありそうです(笑)。数年前までは、世界三大コンサル会社の一つで最年少としてパートナーを勤め、その地位を辞めて今の職に就いています。

<まとめ>

隠れ家の様なこのアパート。訪問前は、きっと日本で言う巨大なタワマンの様なキラキラした感じの凄い家に住んでいるかと思いきや、数世帯だけ専用のこじんまりとした建物に肝を抜かれました。この方が、セキュリティー的にも安心だし、何と言っても低層階(6階建)でエレベーターの移動に時間が掛からない。

自分に縁があるか分かりませんが、とても良いものを見せてもらいました♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top