タージマハルを観にいくならあと2ヶ月待て!

デリーは今寒波の真っ只中。とは言え、東京と比較すると気温自体は高いのですが、朝晩は霧が濃いので太陽は姿をあまり現さず寒々しいです。

この霧、実はデリーよりも、周辺地域の方が濃いのはご存知でしょうか?

え、大気汚染が酷いのは都市部だから、もっと凄くなるのでは?と思うかもしれませんが、実はデリーとその周辺のNCRは逆に産業活動などの熱でヒートアイランド現象になっているので、まだましなのです。

これは数日前のインド大手メディア、NDTVの記事

デリー周辺だけぽっかり穴が
デリー周辺だけぽっかり穴が

衛星写真の通り、年末年始の北部平野地帯を襲来する霧は日本の国土と同じぐらい広さをすっぽり覆ってしまうのです。世界の屋根ヒマラヤ山脈が壁になってしまって気流の循環を悪くしまっている(笑)。

だから、この時期にアーグラやバラナシへ行くととんでも無く視界の悪い世界に遭遇しがちです。

12月下旬のヤムナ・エキスプレスウェイ
12月下旬のヤムナ・エキスプレスウェイ

↑アーグラとデリーを結ぶヤムナ・エキスプレスウェイ。スピード出すと危険なので、この時期の車の移動は通常の時期より余裕を持った日程が必要です。

午後の真冬のタージマハル
午後の真冬のタージマハル

↑これは12月下旬の午後3時頃の写真。デリーでも、なかなか日中の真っ只中でここまで視界が悪くなる事は稀です。

が、2月中旬頃から春の風が吹き始めると、3月下旬ごろまで最高の旅行シーズンがこのヒンドゥスタン平野一帯にやってきます。空はくっきり青く輝き、バラナシではガンジス川のご来光が眩しいです。

3月上旬のタージマハル
3月上旬のタージマハル
2月下旬のヤムナ川
2月下旬のヤムナ川

↑普段は濁りきったヤムナ川も、何故か空が青いせいか青く輝きます。

3月上旬のバラナシ
3月上旬のバラナシ

まとめ

侮れない真冬のヒンドゥスタン平野を襲う霧は、実はデリー首都圏はマシだった!?なので、この地域の旅行を計画するのであれば、少し時期をずらせば最高の旅行シーズンが到来します。2月〜3月に活発的に旅行を計画しましょう。コロナ禍でインドの旅行産業はかなりダメージを喰らっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top