インドのおもしろ国境地帯その4:ブータン編

インドのおもしろ国境地帯シリーズ索引

その1:パキスタン
その2:中国
その3:ネパール
その4:ブータン(今回はこれ)
その5:バングラデシュ
その6:ミャンマー

<インド・ブータン国境>

両国の国境と言えば、一番有名なのはアッサム州にあるジャイガオンとブータン側のプンツォリン。ここは行った事が無いのですが、2005年までは外国人でもブータンで唯一ビザ無しで訪問できる場所でした。外国人の訪問に人数制限を設けているブータンですが、インド人には適応されません。なんせ、インドとブータンは外交的に大の仲良しなので。

ここでご紹介するのは、また山奥(笑)。まぁ、インドの秘境専門の旅行会社なので、お許しを。

場所は、タワンという、チベットのラサに次ぐ、世界で二番目に大きな仏教僧院がある事が有名。あのダライ・ラマが、インドに亡命する際に辿ったルートでもあります。

タワンの位置
タワンの位置

正確にはブータンの国境では無いのですが、ブータンを一望できる展望台があります。

タワン僧院
タワン僧院
タワン僧院内
タワン僧院内
タワン僧院の小僧
タワン僧院の小僧

この地域ではチベット系のモンパ族が多く暮らします。

ブータン国境間近のゴルサム・チョルテン
ブータン国境間近のゴルサム・チョルテン

↑このゴルサム・チョルテンはゼミタン村にあり、世界三大ストゥーパ(仏塔)の一つで、ネパールのカトマンズ、ブータンのタシガンに並んだ大きさです。写真の奥、雲に覆われているのは中国の領土、そして左側はわずか数キロでブータン領です。

ゼミタンの村民
ゼミタンの村民
風情あるブータン国境沿いの村
風情あるブータン国境沿いの村

モンパ族の食事はブータンと似てチーズが料理によく使用されます。

モンパ族の伝統料理
モンパ族の伝統料理

内容は、春雨とししとうが入ったチーズのスープに赤米、蒸しパンの様なもの。奥のものはちょっと忘れましたが、独特です。

まとめ

タワンの近辺は、古き良きのチベット文化が色濃く残る地域です。実際、中国がチベットを占領する以前は南チベットと呼ばれ、住民はチベットへ納税していたぐらい。緑が豊かで春はツツジの花を見かけ、高山植物も多く生息します。個人的にもこの辺はインドで最もインパクトがあった地域の一つです(「インド」らしくは無いですがw)。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top