インドのおもしろ国境地帯その5:バングラデシュ編

インドのおもしろ国境地帯シリーズ索引

その1:パキスタン
その2:中国
その3:ネパール
その4:ブータン
その5:バングラデシュ(今回はこれ)
その6:ミャンマー

<インド・バングラデシュ国境>

バングラデシュは比較的インドの友好国であり、国境地帯は中国やパキスタン付近の様に全く物々しさはありません

外国人でも許可証無しで近づく事ができますし、相手国のビザがあれば普通に行き来できます。

こちらは、メガラヤ州にあるダウキ国境。

ダウキの位置
ダウキの位置
インド・バングラ国境
インド・バングラ国境

↑写真右下にある、三角の白いコーンまでがインド。ここまで、外国人でも近づけます(もしくは近づけました!)。

バングラ側のアップ
バングラ側のアップ

メガラヤ州はクリスチャン(プロテスタント)が多いです。とても清潔好きで、彼らの村にはゴミ一つ落ちていなく、至る所に自然に優しい竹で編んだゴミ箱が設置され、とても整備されています。ここに暮らすカシ族は世界的にも珍しい、母系の伝統を引き継ぎ、東南アジアに多いモン・クメール系の民族です。

メガラヤはクリスチャンが多い
メガラヤはクリスチャンが多い
メガラヤの子供
メガラヤの子供

バングラが見下ろせるマウリンノン村。

整備されたマウリンノン村
整備されたマウリンノン村
ツリーハウスが多い
ツリーハウスが多い
ツリー展望台から眺めるバングラデシュの平野
ツリー展望台から眺めるバングラデシュの平野

この辺りが面白いのは、インド側(メガラヤ)がほぼ断崖絶壁状態で、すとーんと落ちた場所からバングラになっている事。なので、いくらバングラが目と鼻の先でも、世界一のバンジージャンプでもしない限り、そう簡単に両国間を行き来できません。先ほどご紹介したダウキの国境を除いて。

チェラプンジからバングラの平地を眺める
チェラプンジからバングラの平地を眺める
バングラデシュの平野
バングラデシュの平野

このチェラプンジには、珍しい、何十年もかけて木の根っこを人間が編んで作る、生きた木の橋が存在します

生きた木の二重橋
生きた木の二重橋

メガラヤは豚肉がよく食べられています。香辛料が少なくなり、少し東アジア的な料理で優しい味付け。

豚肉を多く使用した地元料理
豚肉を多く使用した地元料理

↑左から炊き込みご飯、茹でた野菜スープ、胡麻ペースト、そして真っ黒になっているのは豚肉の黒胡麻炒め。

まとめ

メガラヤ州は本当に面白いです。特にハイライトはバングラデシュとの国境沿いに位置しているので、村、橋、国境(+透明度の高い川でのボートライド)とアクティビティーが充実していますし、とても環境保護とサステナビリティーが高いのでこれから注目を浴びそうな旅行先です。インドに対しての一般的なイメージを覆すでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top