インドのおもしろ国境地帯その3:ネパール編

インドのおもしろ国境地帯シリーズ索引

その1:パキスタン
その2:中国
その3:ネパール(今回はこれ)
その4:ブータン
その5:バングラデシュ
その6:ミャンマー

<インド・ネパール国境>

インドとネパールは兄弟の様な存在。両国の国籍はビザが無くてもお互い自由に国境を行き来できるので、結構緩いです。外国人が利用する国境として有名なのは、仏教聖地巡りで仏陀が生誕したネパールのルンビニーへ行く時に通過するソノウリー・バイラワ国境。こちらは特にフツ〜の面白くない国境なので、省きます。

その代わりに、面白いのが、世界で一番世界最高峰の山々がいっぺんに眺められる展望台である、サンダクプー。インド側はウェスト・ベンガル州に属し、外国人も自由に線の無い国境線を跨いで散策ができます。

サンダクプーの位置
サンダクプーの位置

赤枠で囲った世界で一番高いエベレスト山に近く、そして三番目に高いカンチェンジュンガ山は目と鼻の先。

最寄りの空港はバグドグラ。インド各地から飛行機が到着します。標高はほぼ海面レベル。ここから、富士山の頂上と同じぐらいの高さにある、標高約3,700mのサンダクプーまでは車での移動です。

尾根の両側で国が異なる道
尾根の両側で国が異なる道

↑サンダクプーまで行く道は何と正に国境。右側がインド領、左側がネパール領。とは言っても、インド領含めて暮らしているのはネパール系なので、あまり国を跨いでいるという感覚はありません。

山頂から雲海を下に望む
山頂から雲海を下に望む
途中のネパール領の村
途中のネパール領の村
シャイな子供達
シャイな子供達
宿飯は焼きそばとモモ
宿飯は焼きそばとモモ

そしてサンダクプーから見渡す景色!

ネパール側から眺めるサンダクプー
ネパール側から眺めるサンダクプー
ネパール側から眺めるサンダクプー
ネパール側から眺めるサンダクプー

↑サンダクプーの村も、間に国境が敷かれています。旅行者はインド側かネパール側で宿を選べます。前の山が世界第3位のカンチェンジュンガ。

真ん中はエベレスト山
真ん中はエベレスト山

エベレストの両脇には、世界第4位と第5位のローツェとマカルーが並びます。

まとめ

山好きならサンダクプーは本当にお勧めです。簡易ロッジがあり、そこで温かい食事も楽しめます。何と言ってもここから眺めるヒマラヤ山脈のパノラマは息を呑む。モンスーン明けた直後が晴天率も高く、くっきり景色を楽しめる可能性があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top