インドのおもしろ国境地帯その6:ミャンマー編

インドのおもしろ国境地帯シリーズ索引

その1:パキスタン
その2:中国
その3:ネパール
その4:ブータン
その5:バングラデシュ
その6:ミャンマー(今回はこれ)

<インド・ミャンマー国境>

外国人でも行き来できるのは、マニプール州にあり、日本軍が第二次世界大戦中にインパール作戦で辿ったルートでもあるモレー国境。

モレーの位置
モレーの位置

この国境はめっちゃ面白かったです!

たまたま現地の協力パートナーのコネで、ビザ無しでミャンマー側を訪れる事ができたのですが(正確に言うと不法入国)、一歩国境を超えるだけでガラリと文化圏が変わる事が驚きでした。流石南アジアと東南アジアを分ける境でもあるため、他の同一地域内として扱われる国境と比較すると一番インパクトがあります

相変わらず、ごちゃごちゃしてとても清潔とは言えないインド側から、整然として清潔感のあるミャンマー側を観ると、明らかに東南アジアです。

インド側から眺めるミャンマー国境
インド側から眺めるミャンマー国境

全く同じ道で数十メートルしか離れていないのに、この違い判ります??↑↓

ミャンマー側の街並み
ミャンマー側の街並み

ミャンマー側は整然としています。

ミャンマー側の屋台!
ミャンマー側の屋台!

ミャンマー側の屋台はとても清潔感がある。ちゃんとショーケースに入った具材、そして屋台でこんな立派な海老はインドで見かけた事はありません!

もう一つの印麺国境
もう一つの印麺国境
ミャンマー側のチェックポスト
ミャンマー側のチェックポスト

空港のあるマニプール州の州都、インパールはミャンマー国境から車で約3時間の距離。ここは第二次世界大戦中、牟田口中将による補給を全く無視した無謀な計画によって実行された戦略によって多くの日本兵がこの地域で亡くなりました。そのインパール郊外には、地元の村民によって建てられた日本軍の慰霊碑があります。

地元住民に作られた日本軍の慰霊碑
地元住民に作られた日本軍の慰霊碑
戦時中の日本軍の大砲
戦時中の日本軍の大砲
テングノーパルの戦いの地にて捧げもの
テングノーパルの戦いの地にて捧げもの

この慰霊碑の近くにはインド最大の淡水湖、ロクタクレイクがあります。ここでは新鮮な小エビや魚が取れるので漁業が盛ん。

インド最大の淡水湖ロクタクレイク
インド最大の淡水湖ロクタクレイク

マニプール料理は、僕が好きなインド飯の一つ。湖で採れた魚がよく食べられます。そのカレーがうまい!下記は伝統的なマニプリ・ターリー。

マニプリ・ターリー
マニプリ・ターリー
世界最大の女性だけが運営する市場
世界最大の女性だけが運営する市場

まとめ

歴史的に日本とも関わり合いが深い印麺国境地帯。日本史上最も悲惨な戦争がこの地で繰り広げられました。戦争関連以外でもうまいマニプール料理や、湖、そしてもしミャンマーを除くチャンスがあればものすごく対照的な世界が見えてきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑インド情報に関わる様々なブロガーさんの最新記事が表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top