ル・コルビュジェが設計した街チャンディーガル視察旅行~後編

先日の訪問は主要の見所であるキャピタル・コンプレックス、ロックガーデンを見学したので、本日の訪問はもう少しマイナーな見所である、ル・コルビュジェ・センターやパンジャブ大学、政府博物館などだ。デリーへ帰る前にチャンディーガル郊外にある、ピンジョール庭園を訪れる。

レモンツリー・ホテルの朝食
レモンツリー・ホテルの朝食
チャンディーガル市内の様子
チャンディーガル市内の様子
交通量も多くない
交通量も多くない

最初に訪れたのはル・コルビュジェ・センター。コルビュジェ関係の展示物(設計の様子や当時の写真など)が並ぶ。

ル・コルビュジェ・センター内
ル・コルビュジェ・センター内

次に向かったのはパンジャブ大学。ここにはル・コルビュジェの親戚である、ジャンヌレーによって設計されたガンジー・バワンと言う建物がある。

チャンディーガル コルビュジェ
ル・コルビュジェ・センター内
本来なら建物周りが池となっているはず
本来なら建物周りが池となっているはず

次に向かったのはローズ・ガーデン。沢山の種類のバラが見れるが、これはル・コルビュジェが設計した公園ではない。3月上旬だが結構暑かったので、ここはあまりじっくり見ない事に。

公園にはスプリンクラーが沢山水を撒いていた
公園にはスプリンクラーが沢山水を撒いていた
ピンク色のバラ
ピンク色のバラ
こちらは赤色のバラ
こちらは赤色のバラ

ローズ・ガーデンから通りを挟んで反対側を5分ぐらい歩くと政府博物館がある。ここはル・コルビュジェが設計した博物館だ。キャピタルコンプレックスが建物内部の撮影を禁止しているのに対し、こちらでは撮影がOKなので内部の様子を写真に収めることができます。

政府博物館外観
政府博物館外観
建物内部
建物内部
仏像かと思われる古い石像
仏像かと思われる古い石像
2階から
2階から
展示室
展示室
こちらは赤色が奥の壁に使われている
こちらは赤色が奥の壁に使われている
政府博物館の前に建つ建物
政府博物館の前に建つ建物

そろそろ時間が迫ってきたので、今回視察旅行の最終目的地、ピンジョール庭園へ向かう。この庭園はチャンディーガルから20キロ程離れており、車で30分ぐらいかかる。シバリック山脈という、ヒマラヤ山脈の入り口となる様な山脈の麓に位置する。この公園はシムラへ向かう国道付近にあるので、道路も非常に整備されており、綺麗だ。

ピンジョール庭園入口
ピンジョール庭園入口
地元の人たちの憩いの場となっている
地元の人たちの憩いの場となっている

ピンジョール庭園は面白い。ここはムガール王朝時代の17世紀に造られた庭園で、階段式になっている。入り口が一番上で、そこから奥に行くにつれ階段で下りていく感じだ。メンテもしっかりされていて、ここは結構気に入った。

景色を楽しむ家族
景色を楽しむ家族
階段を下りていく
階段を下りていく
下から眺める庭園の景色
下から眺める庭園の景色

もっと時間があれば良かった。思ったより結構広かったので、ここは駆け足で周る事に。すでにチャンディーガル駅発の特急列車の出発時刻が近づいていた。

18:23発のシャタブディ・エキスプレスに乗ってデリーへ移動。ニューデリー駅到着は21:55。1泊2日でチャンディガルは十分楽しむ事ができる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top