エティハド航空A340-500ビジネスクラス搭乗記:成田→アブダビその3(到着ラウンジ編)

アブダビ空港到着は午前4時。次のデリー行きフライトは午後10時です。もっと早い乗り継ぎフライトもありますが、アブダビ観光をしたかったのでわざと遅いフライトにしました。

ここではアブダビ空港の到着プロセスとエティハド航空の到着ラウンジをレポートします。

<アブダビ空港到着エリア>

バスでターミナルに入るとまずベビーカーが所狭しと並んでいます。この時間帯はまだあまり発着便も無いので静かです。

ベビーカーの山
ベビーカーの山
到着エリア
到着エリア
砂漠なので水が貴重ですね
砂漠なので水が貴重ですね

<エティハド航空到着ラウンジ>

エティハド航空は、世界で数少ない到着ラウンジを設けている航空会社の一つです。昨年2014年にオープンしたばかりの新しいラウンジで、こちらはビジネスクラスとファーストクラスを利用した乗客のみが利用できます。ステータスの高い会員でもエコノミークラス利用客は使用不可です。ラウンジの場所は入国審査後、預け荷物をピックアップしてから出口に近い場所に位置します。そのため、UAE(アラブ首長国連邦)に入国しない場合には使用不可です。(もっともトランジットなら普通に出発ラウンジを利用すれば良いので。)

ラウンジ入口
ラウンジ入口

ラウンジは比較的広く、軽食コーナー、シャワー室、トイレ、そしてとてもユニークなのが髭剃りサービス。無料でシェービングをしてくれます。

ラウンジ内部
ラウンジ内部
ラウンジ内部
ラウンジ内部
エティハド アブダビ 到着 ラウンジ
ラウンジ内部
到着フライトの案内板
到着フライトの案内板
シェービングカウンター
シェービングカウンター
サンドイッチとパン類
サンドイッチとパン類
サンドイッチ
サンドイッチ
チーズ、ヨーグルト、フルーツ
チーズ、ヨーグルト、フルーツ
100%キャロットとオレンジジュース
100%キャロットとオレンジジュース
コーヒーメーカー
コーヒーメーカー
アラビックコーヒーとデーツ
アラビックコーヒーとデーツ

僕はまずシャワーへ直行しました。

シャワー室は驚くほどアメニティーが充実!タオルやボディーソープ、シャンプーだけではなく、歯ブラシセットや髭剃りセット、ルーファー、くし、デオドラントのスプレー3種類、ミネラルウォーターまで置いてありました!シャワー室は個室型が数室用意されており、トイレも一緒です。そして、案内板を読むとなんとスチームプレスのサービスまであるではないですか!所要時間も記載されていて10分でスチームプレスが完了するそうです。

充実したアメニティー
充実したアメニティー
トイレとシンク
トイレとシンク
ドライヤー
ドライヤー
シャワー室
シャワー室
スチームプレスの案内板
スチームプレスの案内板

シャワーでさっぱりした後はラウンジで休憩します。この後の予定は、エティハド航空の無料送迎バスで砂漠のオアシス、アルアインへ向かいます。この無料送迎バスはエコノミーも利用可能で、事前に予約が必要です。アブダビ空港から、ドバイとアルアインの2箇所へ1日数本運行しています。このバスの出発時刻が7時半なので、それまでラウンジで寛がせて頂きました。

ちなみに、ファーストクラスとビジネスクラス(予約コードZ以外)だと、無料でUAE全土どこでも高級ハイヤーでの送迎サービスが提供されています。ただし、その際ストップオーバー(24時間以上の滞在)をしないと適応されなく、トランジットで観光する際には適応されません。

オレンジジュースを頂く事に
オレンジジュースを頂く事に

早朝のこの時間は、ヨーロッパやアジアからのフライトが集中して到着する時間帯ですが、ラウンジを利用する人はほとんどいなく、ほぼ皆さんラウンジに入ってすぐに横の出口から無料の送迎サービスでそのまま目的地へ向かわれていました。折角、シャワー等があるのに。でも、到着なのでこれから自宅やホテルですぐ浴びられますものね。僕みたいに、ホテルを確保していない旅行者にとってはとてもありがたいサービスです。

そろそろ時間になったので、僕も外へ出る事にしました。到着ラウンジってとても良いコンセプトです。

到着ホールへ
到着ホールへ

これからエティハド航空の無料送迎バスでアルアインへ向かいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top